2010年01月07日

ドキュメント・オブ・ザ・デッド

 『ゾンビ 新世紀完全版DVD-BOX』発売決定記念第6弾。
 「吐きだめの悪魔」のプロデューサー、ロイ・フランケスが「ゾンビ」の撮影に同行して制作したドキュメンタリー。
 「ゾンビ」の当時の撮影風景や舞台裏、「ゾンビ」ファンの憧れの聖地モンロービル・モールを闊歩しながらインタビューに答えるロメロなど、貴重な映像資料が満載。ロメロのCFなども収録されているので、ロメロ監督資料集としても価値がある。
 ただ、分数を延ばすためか、後半のかなりを「マスターズ・オブ・ホラー/悪夢の狂宴」の退屈なメイキングが占める。ここはバッサリ切ったほうが良かった。
 ちなみに、某G社が95年にLD「ゾンビ:パーフェクト・コレクション」を発売する際に、「ドキュメント・オブ・ザ・デッド」も併せて収録しようとしたが、果たせなかった。
 実は某G社は既に「ドキュメント・オブ・ザ・デッド」の権利を買っていたのだが、塩漬けにしてVHSがリリースされないまま、ちょうど権利期間の終了が近づいていた。そこで契約の延長を打診したが、プロデューサーから「今までVHSすら発売してくれなかった会社には、もう売らないよ」と拒否されたのだった。
 その数年後、別の会社からLDとVHSは発売され、現在はカプコンからDVDも発売されている。

VHSにて鑑賞
監督:ロイ・フランケス

posted by 足ランティー脳 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/137623965

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。