2011年02月19日

ロング・ライダーズ

 アメリカ西部史上に実在した兄弟の犯罪者を、実際に兄弟の俳優に演じさせたウエスタン。南北戦争後を舞台に、フランク&ジェシー・ジェームズ兄弟を中心としたギャング団を描く。
 全体を通してサム・ペキンパーの『ワイルドバンチ』の影響が強い。乾いたドラマ部分とスローモーションのバイオレンス・シーンは、“ペキン派”の監督W・ヒルならでは。とはいえ、ストーリーの展開が散文詩的になりすぎて、流れに乗れない。クライマックスのドンパチは迫力があるが、その後のジェシーの死ぬシーンは急に詩的になって肩透かしをくらう。
 テレビ放送の声優の配役が恐ろしいほど豪華なので、吹き替えのほうが楽しめるだろう。

1988年2月21日 「日曜洋画劇場」にて鑑賞
監督 ウォルター・ヒル
ステイシー・キーチ(瑳川哲郎)/ジェームズ・キーチ(堀勝之祐)/デヴィッド・キャラダイン(羽佐間道夫)/キース・キャラダイン(樋浦勉)/ロバート・キャラダイン(石丸博也)/デニス・クエイド(谷口節)/ランディ・クエイド(玄田哲章)/ニコラス・ゲスト(麦人)/クリストファー・ゲスト(千田光男)/パメラ・リード(小原乃梨子)/ジェームズ・ホイットモア・Jr(池田勝)

予告編↓
posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ワ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
12,3年前の深夜放送を録画していたテープを見つけたのですが、確認してみたら野球延長してて冒頭30分くらいしか録画できてませんでした(汗。

小林清志より森川公也のマイク・ハマーに慣れてる身としては、瑳川キーチの喋りは森川キーチっぽくて良かったです。

何とか、吹替付けてDVD発売して欲しい所です・・・。
Posted by リバーズ at 2011年02月20日 00:58
野球延長で録画できていなかったとは、残念ですね。私も昔「ご存知有名探偵ゾクゾク殺人事件」という作品の、最後に真犯人が現れる直前で録画が終わっていて、悶絶したことがあります。

DVDは発売済みなので、ブルーレイに期待したいところです。…が、最近制作予算の関係で、吹き替えを収録しないメーカーが増えているようです。
現在一番洋画DVDを買っているのは40代男性という統計があるのですが、その世代はTV吹き替え洋画世代でもあります。戦略を完全に間違っていますな…
Posted by 足ランティー脳 at 2011年02月22日 00:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/186496326

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。