2011年12月13日

パッセンジャー57

 『ダイ・ハード2』の小粒版のようなアクション。元・テロのコンサルタントである主人公が、凶悪テロリストを護送中の旅客機に乗ると、仲間を救おうとするテロリストたちがハイジャックを実行。主人公は単身彼らと戦うこととなる。
 上映時間も短く、極力ムダを省いたスピーディなストーリー運びは大変良い。一旦旅客機が地上に下りて地上でのアクション、その後再び旅客機に乗り込み、最後の対決となる展開は非常に工夫されていて、単調になりがちなハイジャックものとは一線を画している。狭い機内でのアクションも、良く練られている。
 B・ペインのテロリストのボスは白眉。唯一生き残って逮捕される女テロリストを、『オースティン・パワーズ』などのE・ハーレイが演じている。

レンタルビデオにて鑑賞
監督 ケヴィン・フックス
ウェズリー・スナイプス/ブルース・ペイン/トム・サイズモア/エリザベス・ハーレイ

予告編↓
posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。