2011年12月21日

ゴールデン・ゲート殺人事件

 「逃亡者」のD・ジャンセン主演のテレビ・ムービー。金門橋から神父が落下する事件が発生。自殺として片付けられたが、再び金門橋からの落下死が発生し、刑事と尼僧が協力して捜査にあたるというミステリー。
 前半は捜査ものとしてストーリーは進むが、後半は刑事と尼さんのラブ・ストーリーになってしまうのに驚いた。というわけで、トリックも犯人も隅に追いやられ、とってつけたような謎解きが行われる。ラストに意外な真犯人が現れるのだが、説明不足で煙にまかれたような不満感が残る。

深夜放送にて鑑賞
監督 ウォルター・E・グローマン
デヴィッド・ジャンセン/スザンナ・ヨーク(※メモに声優の記載なし)

映像の抜粋↓
posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/241631834

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。