2012年01月29日

007/カジノ・ロワイヤル

 6代目ボンド=D・クレイグ登場のシリーズ第21作。若い頃のボンドを描く、シリーズ仕切り直し編。テロ事件を起こして株価操作により巨額の富を得ようとするル・シッフルに、ボンドが賭博で挑む。
 若いボンドが、失敗ばかりのダメ諜報員として描かれている点が、まず素晴らしい。本作はスーパー諜報員ボンドも、かつては未熟な時期があったという、当たり前のバックボーンを提示しているため、本作を観た後で『ドクター・ノオ』から観直すと、ボンド像がさらに深みを増して見えるという効果がある。「あのダメダメが、ここまで成長したか」という、長年の上司が暖かい目で部下を評価するような気持ちになるのだ(笑)そういった意味で、本作はシリーズで非常に重要なポジションを占めるといえる。
 ほとんど狂犬と化したボンドがやたらめったら敵を殺しまくるのが目新しい。まだ駆け出しで、本人に余裕がないからだろうけど。『サンダーボール作戦』で「ザコは殺さんよ」と言っていたのは、散々ザコを殺してきた結果ゆえなのね(笑)。
 アクションは、狂犬ボンドのパワフルさによって、観ている側が思わず力こぶ出しちゃうほどエキサイティングに盛り上がる。監督のM・キャンベルと撮影のP・メフューの「特捜班CI☆5」コンビによる、スピーディな演出と見事なショットも貢献している。脚本のおかげもあるが、キャンベルの演出・構成は『ゴールデンアイ』より格段に進歩しており、100点満点中300点あげる。
 ドラマ部分の会話も、陳腐にならないぎりぎりで洒落たものになっていて、これは脚本のリライトを担当したポール・ハギスのおかげだろう。見せ場とドラマの配分も良く、2時間半という超尺があっという間に終わる。余韻の残るラスト・シーンもシビれまくる。長年のボンド・ファンも納得する、シリーズ屈指の大傑作といっていいだろう。そういえば、クレイグ=ボンドに決まったとき、ボイコット運動がイギリスなどで起こっていたが、作品を観たらアンチが謝罪したということもあったなあ。キャンベル監督には「よく頑張りましたで賞」をさしあげる。
 また、主題歌も本作を傑作に押し上げることに貢献している。過去のシリーズは、ラブ・ソング的なものや、敵キャラのことを歌ったものばかりだったが、本作では00セクションに所属する者の運命や心得が歌詞になっている。ボンドがこれから受け入れなければならない残酷な宿命が浮き彫りにされるという、シリーズでもかなり異色な主題歌だ。シリーズの他の作品のDVDでは主題歌の歌詞は字幕にならないが、本作だけは歌詞字幕が入っている。歌詞を理解したかとしていないかで、その後のストーリーの印象がまるで変わってきてしまうので、DVD制作スタッフの英断に拍手(TV放送のときは主題歌がカットされていたので、TVが本作の初見の方は、面白さ半減でお気の毒…)。
 TV吹き替えは、クレイグ=藤真秀で新録。藤の声は、小川真司によく似ている低音ヴォイス。大メジャー作の主演を演じる緊張感からか、やや演技が固いが及第点。M・ミケルセンの藤原啓治も、クールな中に狂気を秘めていてなかなかの仕上がりだった。DVD版のブロスナン=ボンドを担当していた横島亘が悪役のひとりを担当している。 

監督 マーティン・キャンベル
ダニエル・クレイグ(藤真秀)/エヴァ・グリーン(冬馬由美)/マッツ・ミケルセン(藤原啓治)/ジュディ・デンチ(沢田敏子)/ジェフリー・ライト(石田圭祐)/ジャンカルロ・ジャンニーニ(西村知道)/シモン・アブカリアン(横島亘)/カテリーナ・ムリーノ(山像かおり)/イェスパー・クリステンセン(大塚芳忠)

予告編↓
posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えーと、主題曲の歌詞字幕は、アルティメット以前のソフトにはゴールデン・アイ以降ついておりました。
NHK-BS放映時(消されたライセンスまで)は全作ついています。
女王陛下もビデオによっては最後に黒画面になってフルコーラスでサッチモの主題歌が字幕つきで流れました。
午前十時上映のロシアも特別(?)に、エンドロールで流れる主題歌に字幕がついていました。
あれも保田道子がつけたんでしょうか。
Posted by panchan at 2012年01月29日 16:00
panchanさん、コメントありがとうございます。

貴重な情報をありがとうございます! そういえば、昔レンタルVHSで観た『女王陛下の007』の最後で黒味だけになっても字幕がついていたのを思い出しました。これは中古ソフトを探さなければなりませんね。

『ロシア…』午前十時にも歌詞があったのですね。さすが丁寧なお仕事ですね。
Posted by 足ランティー脳 at 2012年02月02日 09:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。