2012年01月31日

番外編:007/カジノ・ロワイヤル(1967年版)

 イオン・プロが007シリーズの原作権に目をつけたとき、既に売れていたのが「カジノ・ロワイヤル」だった。『ドクター・ノオ』から大躍進を続ける本家に対し、コメディとして対抗したのが本作。
 冒頭いきなり幼稚なハゲネタからブラックな爆死ネタへつながるエキセントリックさは、モンティ・パイソン調でよろしいのだが、その後の展開がつながらないところが多く、本編は何をやっているのか良くわからないままエンディングを迎える。それもそのはず、監督が5人も(クレジットされていない監督もいるので、もっと多い)いれば「船頭多くして船山に登る」になって当然。ついでに007のコードネームを持つ諜報員も5人登場。大カオスの浅草カーニバル祭りといったところ。主演のはずのP・セラーズの途中退場にも驚かされる。
 とはいえ、ここまで徹底して狂った内容にすれば、それはそれで面白い。まったく笑えないギャグの数々も、ナチュラル・ドラッグのような効果を生み、心地よく頭がクラクラ(笑)。今でも笑えるのは、W・アレンのパントマイムと、マタ・ボンドが使用人に「お前、英語分かる?」と聞くと「ノー」と答える場面くらい。
 前・後編で放送された吹き替えは、ほぼノーカット。ただ、配役はかなりの変化球で、P・セラーズ=浦野光、D・ニーヴン=川久保潔。そのくせ、U・アンドレスは『ドクター・ノオ』と同じ武藤礼子だったりする。このバージョンは80年代末までよく放送されていたので、録画している方も多いだろう。

監督 ジョン・ヒューストン/ケン・ヒューズ/ロバート・パリッシュ/ジョセフ・マクグラス/ヴァル・ゲスト
ピーター・セラーズ(浦野光)/デヴィッド・ニーヴン(川久保潔)/デボラ・カー(水城蘭子)/ウィリアム・ホールデン(木村幌)/ウディ・アレン(嶋俊介)/ウルスラ・アンドレス(武藤礼子)/オーソン・ウェルズ(雨森雅司)/ジャン=ポール・ベルモンド(青野武)/ジョアンナ・ペティット(松尾佳子)

キッチュなオープニングをどうぞ↓
posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。