2012年02月09日

宇宙からの脱出

 既にアポロが月面着陸した後に製作されたSF。宇宙空間での長期生活による影響を実験するために飛び立った宇宙飛行士たちが見舞われる危機を描く。
 7ヶ月の生活をおくる予定が、5ヶ月で飛行士が極度の疲労に襲われ、帰還を命じられるが逆噴射に失敗、刻々と酸素がなくなってゆくなか、地を這うようなサスペンスが繰り広げられる。船長が自らを犠牲にして残り二人の飛行士を助ける結末は、ハリウッド映画の王道だが余韻が残る。
 豪華なキャストには目を見張る。あのジーン・ハックマンが脇役で登場だが、演技はすばらしい。

深夜放送にて鑑賞
監督 ジョン・スタージェス
グレゴリー・ペック(城達也)/ジーン・ハックマン(穂積隆信)

オープニング↓
posted by 足ランティー脳 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/251313739

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。