2012年02月20日

ええじゃないか

 幕末を舞台に、アメリカ渡航から戻ってきた男が、時代の変わり目に乗ってあくどく儲けようとする豪商にいいように操られ、「ええじゃないか」騒動の手先となってゆく様を描く。
 「太陽にほえろ」の知性派・山さんこと露口茂が豪商・金蔵を演じていて、見事な悪役ぶりをみせつける。三木のり平演じる桝屋と一緒に、幕府と民衆を手玉にとって、あの手この手で操る様が凄い。遂に世直しが来るという瞬間、不要な者たちを口封じのために次々と始末する冷酷さもみどころ。ラストで、主人公の源氏(泉谷しげる)が、調子に乗って幕府まで襲撃したため、危険を感じた桝屋は金蔵を消す。
 当時の町人が、今の政治家のようなことをやっているのが興味深い。作りは群像劇でまとまりのない箇所も多いが、金蔵のピカレスク・ロマンとして観れば楽しめる。

特別枠にて放送
監督 今村昌平
泉谷しげる/緒形拳/露口茂/桃井かおり/草刈正雄/三木のり平/火野正平

スペイン版予告↓
posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
露口茂さんが出てたのですか。知らなかったです。草苅正雄が出てたのは覚えてるのですが
Posted by 雨止み at 2012年04月16日 05:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。