2012年02月25日

コンクリート・ジャングル

 未公開ながら「月曜ロードショー」で放送された女囚もの。女囚ものはいつも高視聴率を取っていたからだろうが、内容は軽い。知らずに麻薬の運び屋にされた女性が逮捕され、刑務所に収監される。そこでは、女刑務所長と囚人のボスが結託し、麻薬の売買を行っていた。ある日、主人公はボスによる囚人の殺害現場を見てしまい、所長とボスの両方を敵にまわすことになる。
 主人公が、無実を訴えてなよなよしている前半はいらいらするが、いよいよ腹を決めて荒くれ女囚に変貌してゆく展開は面白い。見せ場も多く用意されていて、退屈しないように作られている。クライマックスは、暴動にまぎれて遂にボスと対決。相手を感電死させるアイディアも良し。幕切れがちょっと弱いため、主人公の今後が気になるが、全体的には及第点。 

1983年5月30日 TBS「月曜ロードショー」にて鑑賞
監督 トム・デ・シモーネ
トレイシー・ブレグマン(岡本茉莉)/ジル・セント・ジョン

映像の抜粋↓
posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/253788392

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。