2012年03月07日

SF/人喰いアメーバの恐怖NO.2

 スティーヴ・マックイーンの『絶対の危機』の続編。TVドラマ『ダラス』などで有名なラリー・ハグマンが監督・主演している。前作で南極に埋められた人喰いアメーバの容器をアメリカへ持ち帰ったため、溶けて自由になったアメーバが暴れまくるというストーリー。
 まず、南極に埋めたはずのアメーバが民間人の手に渡るという管理の杜撰さに失笑。が、本編は基本コメディとして作られているので、これは高度なボケ・ギャグとして好意的に解釈しよう(笑)。一風変わった人々のおかしな生活をバックに、アメーバが人を喰いまくる展開は味わいがある。
 一方で、顔だけ残して全身を包まれる黒人、散髪屋で排水口から溢れたアメーバに頭をつっこむヒッピー、洗濯物を干している黒人女性の足にからみつくアメーバなど、人喰いシーンのSFXはローテクながら気持ちの悪さは存分に出ている。ドラマ部分と人喰い描写のバランスの悪さが、逆にホラー感を盛り上げている。ラストのトボけたオチも気が利いていて、テレビで観るには満足できる一本。トボケたテーマ曲も良い。 

深夜放送にて鑑賞
監督 ラリー・ハグマン
ロバート・ウォーカー・Jr/キャロル・リンレー/ラリー・ハグマン(※メモに声優の記載なし)

放送時のダイジェスト(放送時間が余るため冒頭にくっつけられたもの)と、後半テーマ曲。このネコちゃんが最初のアメーバの犠牲者↓
posted by 足ランティー脳 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/256137427

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。