2012年03月08日

魔のバミューダ海域

 一時話題になったバミューダ・トライアングルの謎をからめたTVムービー。日本ではNHKで初放送された。バミューダ海域で救難信号をキャッチした警備隊が、遭難した船を見つける。そこでは、奇怪な現象が次々と発生し、やがて驚愕の事実が判明するというストーリー。
 40代以上でこの作品を話題にすると、「観た、観た」と今でも盛り上がるのが、この作品。さすが天下のNHK(笑)。衝撃のラストが、みなさんのトラウマになっているようで。
 そのラストとは…すべてが解決してヘリで主人公たちが脱出に成功すると、救出した美女が実は悪魔が化けた姿で、主人公は殺される。ヘリのパイロットが、ヘリごと海に突っ込んで悪魔と心中したと思いきや、『007/私を愛したスパイ』のジョーズのように、海から悪魔がざっぱーんと出てきて泳ぎ始めるところで幕。
 前半はミステリー・タッチで進むが、ラストでいきなりオカルトになるというウルトラCが、放送当時の観客に強烈なインパクトを与えた。余談だが、パステルビデオというメーカーから、別のタイトルでVHSが発売されていた。買わなかったけど(笑)

NHKにて鑑賞
監督 サットン・ローリー
ダグ・マクルーア/キム・ノヴァク/アレハンドロ・レイ

二度と放送されないと思うので、ラストをどうぞ↓
posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | マ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。

いつもブログを愛読させていただいています。
自分もこの作品を子供の頃に見てトラウマになったクチです。
おそらくテレビ東京の昼ローでの視聴だったと思いますが。
もう二度と見ることはないだろうと思っていましたが10年ほど前にFOX TVで放送されました。
チャンネル表にタイトルを見つけた時は我が目を疑いましたが実際に見てみたら更に驚きました。
なんと吹替版だったのです(音源が残っているとは思わなかった)。
声優のクレジットはありませんでしたが富田耕生(パイロット)と西沢利明(神父)の出演は確認できました。
CSの番組選定者もこの作品のトラウマ持ちで、わざわざ吹替音源まで引っ張り出して放送したのでしょうか?
謎ですね。
もう一度見たいと思っている中年層が結構いそうなのでDVD化を検討されては如何でしょうか。

長文失礼しました。
Posted by センチネル at 2012年03月10日 02:31
お返事が遅くなってすみません。

90分の映画枠が無くなってから、地上波では放送されていない作品ですが、CSでは放送されていたのですね。

権利を探しているのですが、まだ見つかりません… 全国のトラウマになった方々に、なんとかお届けしたいのですが。
Posted by 足ランティー脳 at 2012年04月10日 23:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。