2014年07月26日

『Blueberry』日本では劇場公開中止! 曼荼羅CGでナチュラル・トリップするフレンチ・ウエスタン

 本作は、海外マーケットAFM(アメリカン・フィルム・マーケット)の試写で鑑賞。フランスの西部劇コミックを、監督ヤン・クーネン、主演ヴァンサン・カッセルの『ドーベルマン』コンビで映画化。観終わった瞬間に、これは日本では劇場公開されないだろう、と思ったら、実際そうなった。日本の配給は、ワイズポリシー。2004年に公開を予定していたが、陽の目を見ることはなかった。
 公開されないと感じた理由は…… 描写が過激すぎて、R−18でもおさまらん!ではなくて……

 弩ツマラないから! ぜんっぜん面白くねぇ〜!! 

 おかげで、その後に試写したダリオ・アルジェントの「デス・サイト」が、超傑作に見えてしまった。
 いや、観るべきところがまったくない分けではない。前半の、マカロニ・ウエスタンの再来かと思うほどの、ガンプレイやバイオレンス、憎ったらしくて強い悪役(マイケル・マドセン)の登場は、血沸き肉踊る展開。このままの雰囲気で最後まで進んで、主人公と殺し屋の対決をクライマックスにもってくれば、大傑作になっただろうと予感させる。でも予感だけで終わった(涙)

 中盤から、主人公の育ての親のインディアンと、その地下部落が出てくる。追っ手をかわし、そこへ逃げ込んだ主人公。殺し屋ももちろん、追ってくる。そこでインディアンは、二人に麻薬を飲ませる。ここから、トリップした彼らの脳の中の映像が、やっすいCGで延々くり広げられる。なんか、金色の歯車が集まってできたような竜みたいな怪物が、メビウスの輪のようにとぐろをまき続ける。そいつらが何匹も何匹も出てくる。昔、歯車がついた円がくりぬいてあって、くりぬいたところに小さな歯車をはめこんで、鉛筆の芯を小さいほうの歯車の穴に入れてぐるぐるやると、ウールマークのような模様が描ける定規がありました(わかっていただけるかな?)そんなかんじです(笑)。もう、かんべんしてください、と泣きたくなるほど、この曼荼羅CGが続く。

 そして、ウールマークの竜の群れからやっと解放されると、殺し屋が座ったまま死んでいる。インディアンいわく、殺し屋の精神が、トリップで観た世界に耐えられず、絶命したのだと。主人公は助かって、湖に入る夢をみると、ヒロインが水中で全裸でお迎えしていてエンド。なんじゃこりゃあぁぁぁぁ!!

 世界的にコケたみたいですね。そりゃそうだ。後半が完全に実験フィルムだもの。

それでも観たい方はどうぞ↓
posted by 足ランティー脳 at 00:50| 幻作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。