2014年09月30日

声優のFIX制について思うこと

 先日『猿の惑星 新世紀』が公開された。嬉しいことに吹替版も上映である。公開に先だって『創世記』のほうも放送され、前作の吹替を観た後で、新作の吹替版も観れるという展開となった。

 ところが、首をかしげる点がひとつ。なぜシーザーの声優が代わっているのか。演じる役者は同じアンディ・サーキスなのに、『創世記』はチョー、『新世紀』は小原雅人となっている。ちなみに、自分はまだ吹替版を観ていないし、小原氏は主役としての演技を披露していると思っている。この記事も、決して小原氏を非難するものではなく、あくまで「FIX」(ある海外の俳優に、同じ声優が常にキャスティングされること)を論じるために、『新世紀』をたまたま例に出しただけであることをご理解いただきたい。

 自分は、声優のFIX制の支持者である。FIX制は、「良質の吹替を作る基本」と考えるからだ。例えば、海外の俳優がまだ無名時代から、その俳優の声をFIXでアテ続けている声優がいるとする。その海外の俳優は、月日を経れば演技もうまくなり、大スターになってゆく場合もある。その声をアテ続ける声優も、アテる相手の演技のクセや微妙な雰囲気を掴んでゆき、同じく演技がうまくなってゆくはずである。そして、その俳優にはその声しか考えられないと思えるほどマッチしてゆく。FIX制により、海外の俳優と歩みを同じくし、声優もまた成長する構図がある。

 チョー氏は、『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』から十年以上、アンディ・サーキスの声を担当している。サーキスの演技の機微は掴んでいるはずである。ましてや、前作『創世記』で声を演じているのだから、『新世紀』でもやはりチョー氏に担当してもらい、彼の主演の声の演技を聞いてみたかった。

 「チョー氏は独特の声だし脇役が多いので、『新世紀』の主演はもっと主役らしい声優がいいのではないか」そういった意見や考えが、配給会社側や吹替制作スタッフに出るのは、一方で理解できる。しかしもう一方では、役者の実力をナメているのではないかと危惧してしまう。

 普段、脇役を演じている声優でも、主演となるとまったく異なる演技ができるのである。主役となったとたん、意気込みが変わってくるし、普段は脇で演技を抑えて主役を立てている声優ほど、実力の持ち主であることが多い。なぜなら、主役を立てるために控えめな演技やクサい芝居ができるということは、相当に器用な役者でなくては、とうていできないことなのである。

 昔の洋画劇場をご覧になっていた方は思い出してほしい。『激突!』の穂積隆信=デニス・ウィーバーは?『カリブの嵐』の穂積隆信=ロバート・ショーは? 『明日よさらば』の仁内建之=ジョン・カサベテスは? 『ゾンビ・コップ』の秋元羊介=トリート・ウィリアムズは? 『狼たちの影』の宮川洋一=ジョージ・ケネディは? 『ダークサイド・コール/唇から悪魔』の上田敏也=バスター・ラーセンは?(←これはちとマニアックすぎか…) どれも見事な主役の演技だったと思う。

 だいいち、石丸博也もジャッキー・チェンのFIXになるまでは、洋画では脇役のほうがばかりだったはずだ。ところが、ジャッキーのFIXとなり、ジャッキーが役者として成長し歳もとれば、石丸氏もそれに合わせた見事な演技を聞かせているではないか。

 ということで、結論は「吹替の質を上げるためにFIXをもっと重要視せよ」「役者(声優)をナメるな!」そして「『新世紀』をチョー氏の主演で観てみたかった」ということである。(ただし、チョー氏の体調や仕事の都合などで、キャスティング予定だったのにやむをえず他の声優になったかもしれないので、その場合は不問とする)

 駄文失礼。

 追記(2015/3/3)
 吹替版を鑑賞。シーザーは、台詞も少なく、音声加工されていた。これならチョー氏でまったく問題ない。ということは、恐らくチョー氏がスケジュールが合わなくて、別の配役になったのだな。
posted by 足ランティー脳 at 00:00| 映像業界裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

『ドキュメント・オブ・ザ・デッド』 作品の塩漬けは関係を悪化させる!

 表題だけでは意味が分からないと思いますが、今回は、権利元と権利を買った者(被許諾者)の関係で「重要なことは何なのか」というお話です。

 映画の権利の売買は、一言で表すと、権利元に被許諾者がお金を払えば、被許諾者が映画を使ってお金を儲けていいよ、というものです。売買の形は、買い切りだったり、印税形式だったりしますが、対価を支払って権利を買い、それを使って商売ができるわけです。映画以外の商売でも、まあ似たようなもんですね。

 で、映画が他の商品と少し違うのは、権利元はお金をもらって終わり、ではなく、きちんと被許諾者が「映画の劇場公開やブルーレイなどの発売」をしてくれることを期待している点。例えば、あなたがお店でリンゴを買ったとします。それを食べずに腐らせたとしても、店から文句を言われることはありませんね。買ったDVDを封も切らずに何年も本棚に入れっぱなしにしていても、ネットショップからクレームが入ることはありません。

 ところが映画の場合は、お蔵入りや塩漬けに対して、権利元から文句を言われる場合があるんですな。権利元との契約書にも、「半年以内にリリース(劇場公開やソフトの発売ね)しない場合は、契約は自動的に解除」なんて厳しい条項がつくこともあるんです。

 理由は二つあります。ひとつは、リリースされることによって、権利元は追加の印税を期待できるから。大ヒット映画は、契約内容に従って、莫大な印税を追加で権利元に支払う場合もあります。(但し、契約の形態が印税式になっている場合ですが) もうひとつは、映画を多くの人に観て楽しんで欲しいという、作家的な理由。権利元が監督やプロデューサー本人の場合は、よくあるケースです。大体、どちらかの理由、あるいはその複合で、権利元は被許諾者に映画のリリースを義務付けています。これを無視すると、たちまち権利元との関係が悪化してしまいます。

 7月2日に『ドキュメント・オブ・ザ・デッド』製作35周年特別版ブルーレイが発売になりますが、この作品、先の理由から、かつて権利元を激怒させたことがあります。その詳しいいきさつは、当ブログの過去記事で詳しく説明しています→こちら

 不景気や社会情勢の変化で、やむを得ず発売できない映画というのもあるでしょう。実際、宮崎勤事件のときは、ホラー映画で発売中止になったものや、契約をキャンセルしたものが多々ありました。ある映画で、劇場公開しなかったために、お互いに罵りあいのファックスが飛び交う現場も見ました(苦笑)。

 映画の権利者とうまく付き合うのは、意外に大変ということで。

★<オリジナル版>ブルーレイと、最新映像を加えて再編集した<最終版>、日本初リリース
 ↓
posted by 足ランティー脳 at 08:00| 映像業界裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月28日

ブログ再開。新生一回目は、しつこく『ダイヤモンドの犬たち』

 最後の記事から2年近く放置しておいた駄ブログですが、いまだに予想外のアクセスがあることを知り驚いております。昔観た映画を思い出して、検索してくださる方が、当ブログにヒットするのかもしれません。多少時間も取れるようになりましたので、切り口を変えて再スタートしたいと思います。今後のテーマは、ソフト業界の裏話と、日本で観れない映画作品などを中心にしてゆきます。


 さて、最後の記事が『ダイヤモンドの犬たち』だったので、再スタートも同作品の話題から。

 最近になって、この作品がイマジカBSや、WOWOWで放送されています。作品のエンディングは2パターン。日本で劇場公開および地上波で放送されたものは、逃げるヘリを、テリー・サバラスがショットガンで撃って爆破するもの。フナイから発売されていたVHSおよ海外版VHSやDVDは、ヘリが逃げ去って終わるもの。WOWOWなどで放送されているのは、こちらのエンディングです。

 実は、映画製作ではエンディングが2パターンあるというのは、珍しいことではありません。マカロニウエスタンの『殺しが静かにやって来る』は、主人公が悪党に撃ち殺されて終わりますが、中東地域用に、主人公が勝つパターンも撮影されていました。(イマジカ/SPOが2002年に発売したDVDに収録) 『L.A.大捜査線/狼たちの街』も、途中で死んだはずの主人公が、アラスカかどこかの事務所に左遷されて生きていたり。(こちらは、日本版のソフトには収録されず) 

 パターン違いのエンディングが作られる理由のひとつに、公開される国が、勧善懲悪を望むか否か、という点があります。宗教的な観点から、悪人は罰を受けなければならない、という主義の国では、『殺しが静かにやって来る』の主人公勝利エンディングや、『ダイヤモンドの犬たち』のヘリ爆破エンドが好まれます。別の見方をすれば、国柄に合わせた結末のパターンを用意しなければ、公開できない国がでてくるということですな。場合によっては、収支に影響がでるわけです。まあ、 日本がヘリ爆破エンドを選んだのは、ラストで主人公が死ぬという“70年代映画の王道パターン”を踏襲しただけで、宗教的な視点も、勧善懲悪主義も無かったとは思います。

 で、このヘリ爆破エンドですが、権利元にはプリントが残っていません。従って、最近のBSでの放送版も、IVCから先日発売されたDVDも、ヘリ逃げ去りエンドです。海外でソフト化されているのも、すべて同じ。

 しかし、劇場で、あるいは淀川さんの「日曜洋画劇場」でこの作品を観た方は、衝撃のヘリ爆破エンドが忘れられないはず! IVCのDVDには、特典映像として、当時の放送の録画から復元した、ヘリ爆破エンドが収録されています。隠しコマンドを探しあてれば、ラストだけがこちらのエンディングに切り替わる特別編も観れます。

★世界中のソフトに未収録で、放送も不可能のトラウマ結末は、日本版DVD商品でどうぞ↓

posted by 足ランティー脳 at 18:10| 映像業界裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。