2012年08月24日

『ダイヤモンドの犬たち』DVD 本日8月24日発売!

『ダイヤモンドの犬たち』DVDが、IVCさんから本日発売になります。86年にフナイからVHSが発売されてから、実に26年を経てのDVD化となります。

 本商品のDVDの制作にたずさわりましたが、この作品はもともとトラブル続きで、当初マスターが無く危うく契約が解消になりそうになったり、ようやく見つかったインターネガからマスターを新たに作ってもらったところキズだらけで日本で大幅なレストアを施したり、新聞広告まで出して「日曜洋画劇場」の吹替版を探したりと、思い出すだけで気絶しそうな日々でした(笑)。紆余曲折ありましたが、いろいろな方に助けていただき、なんとか発売のはこびとなりました。感無量。

 本商品の最大のポイントは、なんといっても日本での劇場公開版(TV放送版も同じ)のエンディングを収録している点でしょう。オリジナル版のラストは、ぎりぎりのところで主人公たちがヘリでの逃走に成功するピカレスク・ロマンなのですが、劇場公開版は、××が●●するという大衝撃のエンディング。これを収録しているのは、全世界で本商品のみなので貴重ですよ。あと、今回の商品のために、権利元に新たにマスターを作らせたので、16X9のワイドスクリーンでご覧いただけます(海外版DVDはすべて4:3)。

 ストーリーはかなり複雑でコン・ゲーム的な要素もあり、一度観ただけでは分かりにくいところもあります。その分、繰り返しの鑑賞に堪えうる作品かとも思います。アクションは当時としては、かなり危険かつハイレベルで、砂漠でジャンプするジープから主人公たちが放りだされるシーンはスタントマンが決死の覚悟で転がってます。死人が出てもおかしくないスタントの数々が、広大な砂漠でノンストップで展開。ダイヤモンド保管庫の建物の通路を、ほぼ同じ幅のジープが全力で疾走し、左右数センチしか余裕がない門をみごとすり抜けるシーンには、思わず息を呑みます。

 登場人物が次々と死んでゆくハードでバイオレントな展開も70年映画そのもの。70年代特有の乾いたタッチのアクション映画が好きな方はぜひ!

『ダイヤモンドの犬たち』の画質と吹替を確認できるDVD用予告編↓


posted by 足ランティー脳 at 09:00| タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月11日

『ダイヤモンドの犬たち』日曜洋画劇場 淀川さん解説採録

『ダイヤモンドの犬たち』DVDが、8月24日にIVCさんより発売になります。1979年放送の「日曜洋画劇場」の淀川さんの解説を観る機会がありましたので、文字で採録します。

--------------------------------------
●前説
ハイ、皆さんこんばんは。今夜の映画の題名は『ダイヤモンドの犬たち』。そう申しますと、絢爛豪華なダイヤモンドの犬の置物、そう思われたら大間違い。とんでもない。世界から集められたダイヤモンドの、その倉庫、保管されている倉庫、それを狙う強盗。しかも、それを守る警備隊。その追っかけですね、その凄い追っかけがこの映画の狙い。しかも、もっと面白いことは、場所が南アフリカの砂漠なんですね。だから、その砂漠の、真っ只中の追っかけですから、まるで丸見えですねえ、追う者、逃げる者。さあ〜ここがこの映画の面白いところ。車と車の追っかけ、ヘリコプターで狙うあたり、キャメラが凄うございます。アクションとはこれですね。全編、まるでアクションのクライマックスの連続ですね。主演がピーター・フォンダ、テリー・サヴァラス。面白い個性の、二つの共演ですね。これに、ヒュー・オブライエン、クリストファー・リー、O.J.シンプソン、しかも007(ゼロゼロナナ)の、あのボンドガールのモード・アダムズが競演しとります。しかも監督が、あの「007(ゼロゼロナナ)/カジノ・ロワイヤル」のヴァル・ゲストが監督しとります。この映画は、1975年度の英米合作の、野心アクション映画です。さあ、ゆっくりご覧なさい。後で、またお会いしましょう。

●後説
ハイ、いかがでしたか? アクション映画とはこれですね。しかも残酷アクション映画ですね。あのテリー・サヴァラス。丸坊主でニタ〜と笑いますね。あのあたり、このテリー・サヴァラスの個性が良く出ていますね。しかも女に胸を掻かれて、ちょっと血が出ますね。あのあたり、チラっと胸の、いかにも筋肉のあるところを見せて、色っぽいところを見せますねえ。ところが、このタコ坊主の反対がピーター・フォンダですね。ピーター・フォンダのほうは、まるで痩せたキツネが、風呂からあがったみたいな、なんとも知れん格好ですね。しかも、しょぼしょぼ目が眠そうな。さあ、このいかにもしょぼしょぼした男が、いざ働いたら、豪胆なところを見せますね。ここにまた、この俳優の面白さがありますね。そういうわけで、ピーター・フォンダとテリー・サヴァラス、この二つの全然違った個性を競演させているところが、この映画の面白いところですね。しかも、もう一人、女が出てきますね。007(ゼロゼロナナ)の、あのボンドガール。後には『ローラーボール』に出てきましたね。この女のひとの名前が、モード・アダムズと申します。このモード・アダムズと申しますのは、実は大変な大変な、舞台の女優で、モード・アダムズという名女優がいるんです。さあ、演劇の歴史の本をみますと、10ページに渡って名女優モード・アダムズのいろんな当たり役の写真がざーっと出てきます。その名前を、この新人女優が使ってるところに、まあ私は呆れますね。ちょうど日本でいえば、新しい新しいニューフェイスの女の子の名前が、松井須磨子。えー! えらい名前つかいおったな、ということで、まあ、この女のひと、ようもこんな名前つけましたなあ、というところも、面白いことでしたね。ハイ、もう時間きました。それでは、次週の作品、ご紹介いたしましょう。
------------------------------------

淀川先生は、007のことを「ダブル・オー・セブン」とは言わず、「ゼロゼロナナ」と言っているのが面白いですね。「ゼロゼロセブン」ならまだ分かるのですが(笑)。

DVD用予告編↓


posted by 足ランティー脳 at 12:49| タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

ダイヤモンドの犬たち

 南アフリカを舞台に、難攻不落のダイヤモンドの保管庫を狙う強奪グループと、冷徹な警備本部長との攻防戦を描くサスペンス・アクション。アイルランドとスウェーデンが中心で製作された作品で、70年代に活躍していた俳優たちを集めたオールスター・ムービー。
 さて、この作品のポイントは2つある。ひとつは、中盤に待ち構える驚愕のドンデン返し。保管庫の警備員である主人公は、ダイヤモンドを奪おうと計画するグループへの潜入捜査を命じられる。その密命をこなした後、なんとグループと一緒に強奪側にまわってしまう。この超展開はあまりにも強烈で、これに匹敵する展開は『黄金のランデブー』のラストの駆け引きくらいしか思いつかない。
 2つめは、遂にダイヤの強奪に成功した主人公がヘリで逃亡すると、警備隊長がライフルでヘリを撃ち落すシーン。これもあまりに唐突で本当に驚かされた。70年代の犯罪映画では、たいてい主人公がラストで死ぬので、アンハッピー・エンドになると覚悟していたが、ヘリの撃墜が一瞬にして行われるので心の準備ができずに面食らった。
 本作はDVD化が予定されており、「日曜洋画劇場」の吹替音源を募集している。

★DVD収録のため吹替音源の募集中→こちら
締め切りは3月末!

1979年7月15日「日曜洋画劇場」にて鑑賞
監督 ヴァル・ゲスト
ピーター・フォンダ(山田康雄)/テリー・サヴァラス(大平透)/クリストファー・リー(千葉耕市)/モード・アダムス(北島マヤ)

予告編↓
posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

地球は壊滅する

 人間の奢った開発により、地球が破滅の危機に瀕する姿を描いたSF。エネルギーをマグマに求めた人類は、核爆発によりマグマを地表に導くが、それによって地球に亀裂が生じ、このままでは真っ二つに割れることが判明。別の場所に穴を作って亀裂を止めようとすると、別の場所へと亀裂が走る…というストーリー。
 真っ向から空想科学を描いたストーリーは、古臭くもあるが格調と気品を備えている。危機また危機の展開もなかなか盛り上がる。最後は、地表の10分の1ほどが吹き飛び、なんとか地球全体の壊滅は逃れるが、第二の月が出来るというオチがつく。この爆破シーンは見もので、拍手したくなるほど凄い迫力だった。

1982年12月26日 テレビ朝日「日曜洋画劇場」にて鑑賞
監督 アンドリュー・マートン
ダナ・アンドリュース/ジャネット・スコット/キーロン・ムーア(※メモに声優の記載なし)

予告編↓
posted by 足ランティー脳 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

大統領を誘拐せよ

 未公開ながら「日曜洋画劇場」で放送されたサスペンス。南米のテロリストが、大統領を誘拐し、巨額の活動資金を得ようとする。
 米=加作品ということだが、どうもカナダ側が主導のようだ。米国映画にはあまり見られない残虐シーンが数々登場する。テロ組織のボスが極悪非道で、裏切った仲間はナイフで喉をスッパリやったり、手当たりしだい邪魔者を殺したりする描写が凄惨。なにせ、ホラー映画のダイジェスト集『テラー・オン・テープ』で、本作は非ホラーにもかかわらずエントリーされていたほど。
 いよいよ大統領が誘拐されてから後は、テロ組織のボスを先に倒すが、別の映画でもあった方法と同じで減点対象。その後の爆弾解除もモタつく。が、ボスが大暴れする前半は非常に面白い。

1982年3月28日 テレビ朝日「日曜洋画劇場」にて鑑賞
監督 ジョージ・メンデラック
ウィリアム・シャトナー/ハル・ホルブルック/ヴァン・ジョンソン/エヴァ・ガードナー(※メモに声優の記載なし)

映像の抜粋↓
posted by 足ランティー脳 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

ドラゴンを消せ!

 『燃えよドラゴン』の大ヒットの尻馬に乗ったようなタイトルのアクション。香港からロスへ現金を運ぶように依頼されたマーシャル・アーツの達人が、アジアの闇ドル市場を牛耳る日系人と対決するというストーリー。
 とストーリーをまとめてみたものの、肝心のマーシャルアーツのシーンは少ない。代わりにカーチェイスなどで補ったりしているが、そういったアクション・シーン自体も少ない。すぐに女性と懇ろになってしまう主人公は、むしろ黒人版ジェームズ・ボンドを意識しているかのよう。
 クライマックスの秘密基地の爆破シーンは迫力があるが、その後の風間健との対決が盛り上がらず、残念な仕上がりとなった。

1983年6月27日 TBS「月曜ロードショー」にて鑑賞
監督: ヘンリー・レヴィン/デヴィッド・ローウェル・リッチ
フレッド・ウィリアムソン/バイロン・ウェブスター/風間健(※メモに声優の記載なし)

完全に007調の予告編は↓
posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

ドクター・モリスの島/フィッシュマン

 『ドクター・モローの島』に便乗して製作されたイタリアのパチもの。が、キッチュさはあるものの、意外に楽しめる一本。謎の島にたどりついた軍医が、島に住む白人が原住民をフィッシュマンに改造し、アトランティスの宝物を集めさせていたことを知るというストーリー。
 まず、フィッシュマンの造形が100点満点。一見稚拙な作りとバランスの悪い頭部が、逆に異様な不気味さをかもし出している。元は原住民を遺伝子改造して作ったミュータントで、薬でてなずけられていて、そこはかとなく哀れな存在である点も良い。彼らを利用し、宝を独り占めしようとするR・ジョンソンの鬼畜っぷりもみどころ。イタリアB級ものにしてはテンポが良く、クライマックスは火山噴火のスペクタクルまであって退屈させない作りになっている。

1983年5月29日 テレビ朝日「日曜洋画劇場」にて鑑賞
監督 セルジオ・マルチーノ
クラウディオ・カッシネリ(羽佐間道夫)/バーバラ・バック(田島令子)/ジョセフ・コットン(杉田敏也)/リチャード・ジョンソン(勝部寅之)

予告編↓
posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

『ダイヤモンドの犬たち』テレビ吹替音源を募集中!

 永らく権利が行方不明だった70年代クライム・アクション『ダイヤモンドの犬たち』が、ようやく権利を発掘し、現在発売準備中です。ピーラー・フォンダ、テリー・サバラス、O・J・シンプソン、クリストファー・リーなど英米の70年代スター大集合の豪勢さと、70年代特有のドライでハードなアクションがてんこ盛り。P・フォンダのファンはもちろん、70年代アクション映画ファンの方なら必見に一本です。
 現在テレビで放送された吹き替え版を募集しています。テレビでの放送情報などは、以下になります。

『ダイヤモンドの犬たち』 1979年7月15日(日)テレビ朝日「日曜洋画劇場」にて放映、その後深夜枠でリピート

★吹替音源の募集の詳細→こちら


 締め切りは3月末であまり時間はありませんが、お心当たりある方は、ぜひご自宅のダンボール箱をひっくり返してご協力をお願いいたします!

監督 ヴァル・ゲスト
ピーター・フォンダ(山田康雄)/テリー・サヴァラス(大平透)/クリストファー・リー(千葉耕市)/モード・アダムス(北島マヤ)

予告編↓


ジョルジュ・ガルヴァランツによる、ごきげんなテーマ曲↓
posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

007特番の思い出

 昔はゴールデンタイムの「水曜スペシャル」や「木曜スペシャル」などで、よく映画の特番が組まれていた。アクション映画の見せ場100連発とか、ホラー映画のショックシーン150連発とか、とにかく映画の一番オイシイ場面を細かいカットでつなげて90分の番組にするという、現在の著作権管理ガチガチの状況では絶対に無理な、すばらしい番組が放送されていた。そんな番組は、ヘラルドや東和が、自分の新作の宣伝のために、過去の作品のフッテージも含めて提供していた。独立系配給会社ゆえ、おおらかな対応ができたのだろう。
 ところが、007も同様の特番が組まれていた。天下の大メジャー、ユナイトも、007の宣伝とあらばなりふりかまわず大盤振る舞い。シリーズ過去全作のハイライトシーンが一挙に観れる超お得な番組だった。ボンドが毒蜘蛛を叩き潰した後にオリエント急行の死闘、そしてオドジョブとの対決、みたいな。こういった番組では一応、スタジオにMCやゲストはいるのだが、最初と最後以外はほとんど出てこず、ひたすら映像を流しまくる構成が良かった(制作は大体、武一プロダクション)。当時小学生だった自分も随分と興奮させられたものだ。こういった番組を見て、007に興味を持った人々も多いはず。
 007の特番はテレビ朝日「水曜スペシャル」の十八番だったのだが、『美しき獲物たち』のとき、なぜかTBSで特番が組まれた。鶴太郎がボンドのマネをしてくだらないコントを行うなど、MCとゲストの出演時間が半分以上で、肝心の007のフッテージはおざなりという悲惨なもので、当時憤慨したのを覚えている。
posted by 足ランティー脳 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

ネバーセイ・ネバーアゲイン

 『サンダーボール作戦』の原案の権利を持つケヴィン・マクローリーが、コネリーを起用して別のスタジオで製作した一本。核ミサイルを奪ったスペクターに、ボンドが挑む。
 ストーリーは『サンダーボール作戦』と基本的に同じ。登場するガジェットは当然新しくなっているが、どれも魅力に欠く。敵役ブランダウアーとボンドがビデオゲームで対決するところが、時代を反映していてちょっと面白いくらい。
 ミスキャストも多く、ブロフェルド役のM・F・シドーは好々爺にしか見えない。役作りの指示が十分になされていないかんじだ。ボンドガールたるK・ベイシンガーもぱっとしないし、M役のE・フォックスも迫力不足でボンドの同僚にしか見えない。が、バーバラ・カレラは、それまでのエキゾチックなお人形さん的な立ち居地を脱し、縦横無尽にアクションしてボンドを追い詰める女殺し屋ファティマを大好演。彼女の活躍を観るだけで、もとは取れる。さらに「Mr.ビーン」ことR・アトキンソンが諜報部の事務員で登場、少ない場面ながら笑いを誘う。
 アクションは月並みなものが多く、コネリーも老体なのでスピーディさがどうしても出ない。最大の問題は、水中アクション。すべてがもっさりした動きで、盛り下がることはなはだしい。『サンダーボール作戦』のスタッフがいかに凄い仕事をしていたかが、よく分かる。
 TV吹き替え版では、コネリー=若山は当然として、ブランダウアーを007の悪役常連の内海賢二が担当しているところがポイント。B・カレラを担当した鈴木弘子のはちきれた演技も注目。

監督 アーヴィン・カーシュナー
ショーン・コネリー(若山弦蔵)/キム・ベイシンガー(田島令子)/クラウス・マリア・ブランダウアー(内海賢二)/バーバラ・カレラ(鈴木弘子)/マックス・フォン・シドー(中村正)/バーニー・ケイシー(田中信夫)/アレック・マッコーエン(石森達幸)/エドワード・フォックス(羽佐間道夫)/ローワン・アトキンソン(村山明)

予告編↓
posted by 足ランティー脳 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。