2011年12月27日

「土曜ワイド劇場」私的ベスト第2弾:猫が運んだ新聞

 土ワイの特徴に、あまり有名でない海外ミステリをドラマ化するというものがあった。なんと本作は、「探偵レプスキー」シリーズで有名なハードボイルド小説の大家、ジェームズ・ハドリー・チェイスの原作。
 猫を飼う謎の老人から主人公がもらったのは、二日後の新聞。知り合いが殺される記事を見つけた主人公は、犯罪を未然に防ぐために奔走するが、動けば動くほど自分が追い詰められてゆく。そして、猫が運んできたさらに二日後の新聞に、主人公は自分の死亡記事を見つけてしまうが…というストーリー。
 ちょっとSFチックな設定に、ヒッチコック・タッチの巻き込まれ型サスペンスをうまくからめた一本。事件を防ごうと主人公が行動すると、どんどん自分に不利に転がって、警察やヤクザに追われるようになる超泥沼的展開がサスペンスをメチャクチャ盛り上げる。
 クライマックス直前、主人公が通りすがりの巡査に助けを求めた瞬間、ヤクザの撃った流れ弾が巡査の額に命中し、目撃者が主人公が撃ったと勘違いする場面は、タイミングが秀逸。ようやく解決のきざしが見えた事件が、巡査の死によって一挙にリセットされる展開が素晴らしい。
 ラストは、事件の黒幕と一騎打ちになり、自分ではなく相手が死ぬ。その場に居合わせていた、主人公に不利な証言をしていた女性も、落ちてきた目覚まし時計が頭に当たって主人公に関する記憶だけ無くす(笑)。翌日、最後の新聞を猫が運んで来ると、主人公の死亡記事は、別の人間の誤報だったというオチがつく。
 ぎりぎりまで主人公を追い詰めて、最後の最後で一瞬で解決する手法が、ヒッチコック映画の構成にそっくり。日本のドラマも、やればできるじゃないか、と感心した記憶がある。本作も、ときどき再放送されていた。

1979年1月13日 テレビ朝日「土曜ワイド劇場」にて鑑賞
監督 出目昌伸
加藤剛/水沢アキ/若山富三郎/川谷拓三/山本麟一
posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ナ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

おかしな関係

 軍事機密を扱ったサスペンス・コメディ。軍事部品の製造元に勤務する主人公が、ふとしたことから部品のディスクを手に入れたため、殺し屋に狙われる。一方、中東の軍人が戦車にその部品を装備したことで、危機に遭うというストーリー。
 主演のムーアとマーフィは、撮影中に一度も顔を合わせることなく、完全別撮り。そのため、展開がちぐはぐ、というか噛みあわない箇所が散見される。当然、ストーリーも整理されておらず、はずしまくるギャグのせいで、みどころのない作品になってしまった。
 但し、KGBの殺し屋役を「俺がハマーだ!」のD・ラッシュが演じていて、神経症的なキャラを爆発させて、本作で唯一笑える。

深夜放送にて鑑賞
監督: ウィラード・ハイク
ダドリー・ムーア(安原義人)/エディ・マーフィ(江原正士)/ケイト・キャプショー(高島雅羅)/ジョージ・ズンザ(筈見純)/デヴィッド・ラッシュ(千田光男)

予告編↓
posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ナ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

呪いの島

 今となっては、様々な映画にラストをパクられているTVムービー。チャーター機で島にやって来た人々が、島から出ようとするがどうしても出られない。やがて驚愕の真実が明らかになるというストーリー。
 オチは、島にやってきた人間は既に死んでいたというもの。これだけなら月並み(製作当時の70年代としては斬新だったのだろうが)だが、彼らが導かれたのが地獄で、その地獄とは、一見日常と同じだが、希望を持たせては打ち砕くという、精神的な攻撃を永遠に続けるというのが斬新だった。後半は、島から出られそうな要素を出し、そして絶望させるというシーンの繰り返しでいや〜んな感じ。
 ただ、オチがすべての作品なので、それを予測させないため全編の95%が費やされる。それゆえ、退屈極まりないドラマが続く。70分程度の作品にもかかわらず、3時間以上に感じた。

深夜放送にて鑑賞
監督 ポール・ウェンドコス
ロイド・ブリッジス(日高晤郎)

映像の抜粋↓
posted by 足ランティー脳 at 10:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ナ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

人間解剖島/ドクター・ブッチャー

 人喰い族+ゾンビという、生きているか死んでいるかの違いしかない存在をガチで噛ませる狂ったホラー。甦った死体の謎を調べるうちに、ある島へたどり着いた主人公たちが見たものは、ゾンビの群れだったというストーリー。
 レンタルVHSでの感想だが、プリントが退色していて、映像全体が妙に赤茶けていた。VHSは米国版ということだが、BGMがその辺にいた学生にとりあえずシンセで作らせたようないい加減なもの。
 モーターボートのスクリューでゾンビの頭をえぐるなど、残酷描写は頑張っているが、ストーリー構成、演出がまるでダメ夫で、主演のI・マカロックのまともな演技も空回り。作品的には『人喰族』のほうが数百倍マシ。
 セットやロケ地は、どうも『サンゲリア』と同じようだ。『サンゲリア』のスピンオフ的な雰囲気はあるが、それが作品の助けに全くならないのが悲しい。

レンタルビデオにて鑑賞。
監督 フランク・マーチン
イアン・マカロック/アレクサンドラ・コール/ドナルド・オブライエン

予告編↓
posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ナ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

ナイトライダー2/驚異の電子頭脳スーパーカー!悪の巨大武装トラックを撃破せよ

 人気テレビシリーズのスペシャル版。死んだということになっていたナイト財団の社長の息子は、実はアフリカの刑務所で刑に服していた。が、彼は脱獄し、自分の代わりにナイト財団で活躍するマイケルを亡き者にしようと、ナイト2000と同じ性能を持つ巨大18輪トラックで攻撃を仕掛ける、というストーリー。
 不出来の社長の息子が、マイケルと同じ顔。つまり、主演のD・ハッセルホフが二役を演じている。着想は良いが、それが十分に生かされているとは言いにくい仕上がり。カーアクションも、敵が巨大トラックということで、どうもスピード感がいまひとつ。もっとアップを増やして細かいショットで編集すれば、スピーディになったかも。
 ハッセルホフの二役は、善を佐々木功、悪を有川博で分けているので、観ている側は混乱しない。

1985年4月21日 テレビ朝日「日曜洋画劇場」にて鑑賞
監督 ウィンリック・コルベ
デヴィッド・ハッセルホフ(佐々木功/有川博)/エドワード・マルヘア(中村正)/レベッカ・ホールデン(潘恵子)/ショーン・サウスウィック(横尾まり)/野島昭生、田中康郎、小林清志、北村昌子

映像の抜粋↓
posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ナ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

流れ者

 『男と女』のC・ルルーシュ監督が撮ったフィルム・ノワール。他の同ジャンル作品とは異なり、かなり陽性の仕上がりになっている。
 天才的な犯罪者が、銀行員の子供を誘拐し、まんまと銀行から身代金をせしめる。外国へ高飛びしようとしたとき、何者かの密告で逮捕・投獄される。服役して5年後、彼は囚人の結婚式の際に所長を人質に脱走。裏切り者に鮮やかな復讐を遂げるというストーリー。
 ストーリーはもう一ひねり欲しいところだが、ドンデン返しが随所に仕込まれ、見せ場も多く用意されている。画作りも爽快で、ノワールものの新機軸といったところ。

1982年11月27日 深夜放送にて鑑賞
監督 クロード・ルルーシュ
ジャン=ルイ・トランティニャン(西沢利明)/シャルル・デネール(富山敬)

映像の抜粋↓
posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ナ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

ネバーエンディング・ストーリー

 ミヒャエル・エンデのベストセラー童話の映画化。当時全盛期だったMTVにリマールの歌う主題歌PVが大量投下され、童話も合わせてメディアミックスによる大ヒットを記録した一本。いじめられてばかりの少年が、古本屋で手にした本の世界に入り込み、数々の冒険を繰り広げるというストーリー。
 中盤は少々ダレルが、展開はオーソドックスで可もなく不可もなく。ラストの20分はかなり盛り上がり、いじめっこをおどろかせるシーンでニヤリとさせる。SFXはまずまずだが、汚いシーンが多いのが難。
 原作は、物語の結末を読者自身が書くことになる特殊な構成なので、映像化のハードルはかなり高いが、意外と無難に処理されていたのに感心。 

1987年10月11日 テレビ朝日「日曜洋画劇場」にて鑑賞
監督 ウォルフガング・ペーターゼン
ノア・ハサウェイ(佐々木優子)/バレット・オリヴァー(浪川大輔)/タミー・ストロナッハ(玉川砂紀子)/藤本譲、大平透、田の中勇、千田光男、千葉耕市、森川公也、石田太郎

予告編↓
posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ナ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

ノース・ダラス40

 アメ・フト界の内幕をドキュメンタリー風に描いた硬派なドラマ。ピークを過ぎたスター選手の主人公が、管理体制を強化するチームのやり方に抵抗し、やがてオーナーにはめられてチームを辞めざるをえなくなるまでを描く。
 主演のN・ノルティは、この頃から腹ボテになりはじめているが、その風貌が、試合で磨り減った落ち目の選手の役にはぴったり。オープニングは力が入っていて圧倒させられる。B・スヴェンソン演じる怪力選手の演技も、鬼気迫るものがある。
 「スポーツマンはいい人」的なスポ根ものが全盛だった米映画界で、徹底的にプロ・スポーツ界の汚さに焦点を当てているのが凄い。ラストで主人公がチームを去る際、同僚が投げたフットボールを敢えて受け取らない。ここに、フットボールとは完全決別し、新たな人生を歩む主人公の決意が伺え、本作で唯一すがすがしい場面だった。

1984年4月22日 テレビ朝日「日曜洋画劇場」にて鑑賞
監督 テッド・コッチェフ
ニック・ノルティ(西沢利明)/ボー・スヴェンソン/チャールズ・ダーニング/ダブニー・コールマン

映像の抜粋↓

posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ナ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

逃がれの街

 人生の落とし穴にはまって死んでゆく男の姿を描いたハードボイルド・タッチのドラマ。配送業の男が、昔の知人を泊めたところ、彼は殺人を犯して逃亡中だった。翌日、殺人の共犯者として連行される主人公。疑いは晴れたが、周囲の冷たい目によって主人公は自暴自棄になる。そんなとき、彼のところにアリバイを証明した女が転がり込む。彼女がヤクザの情婦だったために地獄の日々が始まるというストーリー。
 まず、無実の罪から解放されたにもかかわらず、周囲の目が冷たいというだけで暴走するというストーリー構成が杜撰で共感できない。人生やり直しの機会を、ことごとく自分から潰しているのだ。日常に潜む落とし穴を恐怖を描くべきを、主人公をバカでダメ男なのでこうなりました、と描いているのに首をかしげざるをえない。工藤監督もアクション演出はまずまずだが、ドラマ部分はぱっとしない。ラストも工夫がなく、結局何が描きたかったのかが伝わらない。
 ヤクザ役の財津一郎の怪演と、彼が頭を割られて噴水に頭を突っ込むと水が赤く染まって真っ赤な噴水になるシーンのみ印象に残る。あと古い冷蔵庫を引き取る電気屋が、今と違って廃品購入として2000円を支払ってくれるところ。

1984年11月21日 NTV「水曜ロードショー」にて鑑賞
監督 工藤栄一
水谷豊/坂本浩之/甲斐智枝美/夏木勲/財津一郎

主題歌↓
posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ナ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

2周年!

 当ブログも、本日で2周年を迎えることができました。駄文の山ですが、読んでくださった方には御礼申し上げます。
 前年と違って、この1年は比較的メジャーな作品が多かったと思います。超マイナー作品もそろそろストックが尽きてきそうなので、メジャー作品は当ブログならではの視点を盛り込みつつ、差別化をはかってゆきたいと思います。皆さま、これからも宜しくお願いいたしますm(_ _)m
(ああ、でもまだ、声が田中秀幸の洗濯屋がワイヤーで女性を絞め殺すやつや、「姿なき謎の脅迫者W」なんかも取りあげてないわ)
posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ナ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。