2012年02月08日

レディ・バニッシュ/暗号を歌う女

 ヒッチコックの『バルカン超特急』をハマー・プロでリメイクした作品。第二次世界大戦直前を舞台に、ドイツからロンドンへ向かう急行内で老女が突然姿を消す。アメリカ人女性と雑誌記者が事件の可能性に気付き、捜索をはじめるが、背後にはナチスの陰謀が渦巻いていた、というストーリー。
 まず映画として非常にバランス良く作られていて、娯楽映画としての完成度が高い。主演のS・シェパードも可愛らしいキャラを演じているし、A・ランズベリーの老婦人も気品と親しみやすさを兼ね備えている。他のキャラクターも生き生きし、それぞれの役割をちゃんと振られている点が感心した。
 客車が予備線に引き込まれてナチスに包囲されるクライマックスは、今まで他人だった乗客たちが協力し、ナチス軍団とドンパチをやらかしつつ、客車を本線に戻して脱出するという盛り上がりで拍手喝采。手に汗握る演出の数々もなかなかのもの。
 ナチスを徹底した悪役に描くことで、勧善懲悪が強調されたので、ラストのカタルシスも十分。隠れた傑作ですな。

1983年12月25日 テレビ朝日「日曜洋画劇場」にて鑑賞
監督 アンソニー・ペイジ
エリオット・グールド(羽佐間道夫)/シビル・シェパード(武藤礼子)/アンジェラ・ランズベリー(高橋和枝)/富田耕生

映像の抜粋↓
posted by 足ランティー脳 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

龍虎八拳

 各局が集中して未公開カンフーを放送した時期があったが、その中の1本。無名の監督・キャストながら、ゴールデン枠で放送されたので期待したが、大して面白くなかった記憶が… 父を殺し屋に殺害された青年が、いとこと協力して復讐を達成するというワンパターンもの。
 殺し屋の狙っているのが、父の持っていた金のふだで、てっきりストーリー上に重要な役割を担うと思っていると、そうではない展開にビックリ。クライマックスの頭を使った決戦は、この手のカンフーものとしては斬新で感心した。

1983年3月26日 CX「ゴールデン洋画劇場」にて鑑賞
監督 ジミー・ショウ
ピーター・チェン(古谷徹)/カ・サ・ファ(市川治)

映像の抜粋↓
posted by 足ランティー脳 at 14:07| Comment(3) | TrackBack(0) | ラ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

ロジャー・ムーア/冒険野郎

 20世紀初頭のアフリカを舞台に、象牙密猟の世界に足を踏み入れた英国人男性の数奇な運命を描く。立ち寄ったアフリカで、ひょんなことから、ある密猟人を手助けすることになった主人公。彼は密猟の世界の住人となり、密猟人の娘と結婚し、子供をもうける。が、宿敵のドイツ将校に子供を殺され、主人公たちは復讐を行うというストーリー。
 『女王陛下の007』の監督P・ハントなので大いに期待させたが、同監督の『ゴールド』より数段劣る。とにかくアクションのテンポが悪い。クライマックスの船上の機銃を使ったアクションはもっと盛り上がるはずが、淡々と終わってしまう。ムーアは今回は頭の悪い三枚目で、主演はのんだくれの密猟人のL・マーヴィン。有名スター2人をせっかく揃えたのに、小粒な戦争アクションに留まったのが残念。

1983年2月16日 日本テレビ「水曜ロードショー」にて観賞
監督 ピーター・ハント
リー・マーヴィン(北村和夫)/ロジャー・ムーア(仲木隆司)

予告編↓
posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

ロボコップ3

 シリーズ3作目。主演もP・ウェラーから、R・バークに変わったが、どうせアゴしか素顔は出ないので問題なし。前作の悪役オムニ社は、日本企業に買収され、デトロイトの住民に立ち退きを要求する。ロボコップは民衆側に味方し、オムニ社と対決するというストーリー。
 前2作品にあった毒はほとんど無くなり、日本のアニメのような展開と世界観で物足りない。が、アクション・シーンは見せ場も多く、充実している。ファミリー映画としてはまずまずの仕上がり。ニンジャが弱いのと、ラストのお辞儀は何とかならんかったものかと思うが…。
 オライオン社のゴタゴタがあって、確か日本の劇場公開が世界で一番最初だったと記憶する。

劇場にて鑑賞
監督 フレッド・デッカー
ロバート・バーク/ナンシー・アレン/レミー・ライアン/マコ

予告編↓
posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

ラピッド・ファイアー

 ブルース・リーの息子ブランドンが実質メジャーになった一本。マフィアの麻薬取引のこじれから起こった殺人を目撃した学生が、執拗に命を狙われ、戦いを余儀なくされるとういストーリー。
 セガールの『死の標的』のD・H・リトル監督なので、スピーディーなアクション演出は、ブランドンの動きと相性が良く、彼のアクションを十二分に引き出している。派手すぎるドンパチも楽しめる。
 マフィアのボスが逮捕されるまでの展開は、ほとんどムダが無く実に軽快なテンポで進む。が、その後に登場したチャイニーズ・マフィアとの対決は、上映時間を満たすために取ってつけたような感はぬぐえない。アクションもややトーン・ダウンする。
 とはいえ、マーシャル・アーツと銃撃戦を存分にぶち込んだ展開は評価が高く、気軽に楽しめる娯楽作としては十二分な仕上がり。

テレビ朝日「日曜洋画劇場」にて鑑賞
監督 ドワイト・H・リトル
ブランドン・リー(堀内賢雄)/パワーズ・ブース(磯部勉)/ケイト・ホッジ(佐藤しのぶ)/ニック・マンキューゾ(池田勝)

予告編↓
posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

レプスキー危機一発/ロシア皇帝の秘宝

 ジェームズ・ハドリー・チェイスのハードボイルド原作を映画化。主演はアメリカ人、監督はイギリス人、スタッフのほとんどはイタリア人、舞台はフランスという国際色豊かな(悪く言えば混成)オーソドックスな探偵もの。フランスで展示されていたロシア皇帝の女神像が、何者かに盗まれ、保険調査員である主人公が調査に乗り出す。
 すっかり老けて太ったD・キャラダインが悪役を演じている。せっかく007シリーズのガイ・ハミルトンを招いたのに、脚本の不出来とスタッフのレベルの低さで、まったく面白味のない作品になってしまた。テンポも悪く、アクション・シーンも皆無に近い。
 女神像がニセモノだというオチは唯一面白かった点だが、悪党が逃げ延びてしまうのは、映画の作風としては問題あり。全体的にイタリアB級アクションの臭いがプンプンだった。この後シリーズで3本製作されるが、本作が一番面白いという悲劇(涙)。

レンタルビデオにて鑑賞
監督 ガイ・ハミルトン
マイケル・ブランドン/デヴィッド・キャラダイン/アリエル・ドンバール
posted by 足ランティー脳 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

レプリコップ/未来刑事

 近未来のブロンクスを舞台に、警官とサイボーグのコンビが、造反した人造人間軍団に立ち向かうという世紀末マカロニ・アクション。
 結論から言って、ただのゴミ。面白い、面白くない以前に、志の問題である。全編の三分の一が、別のマカロニSFアクション『ラスト・ソルジャー』からの流用なのだ。主人公を助けるシェリフの登場シーンは、『ラスト…』とせりふまで一緒。というのも、『ラスト…』の映像をそのままはめこんだだけだからだ。シェリフを演じたW・ストロードは他の映画の映像としての出演。さらに、悪役の半分も『ラスト…』の映像からのはめ込み。なんとも損をした気分になる。こんなんでいいのだろうか…
 唯一面白いと思えたのは、主人公と行動を共にするサイボーグのキャラと、岡江久美子に似た悪役くらい。

レンタルビデオにて鑑賞
監督 ボブ・コリンズ
ガブリエル・ゴーリイ/チャック・バレンティー/マージ・ニュートン/ロッド・ロビンソン/ウッディ・ストロード

予告編↓
posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ラ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

レース 第2章

 前章では、母親の疑いのある3人の女性を娘が集めるところまでで、今回は、さて3人のうち誰が本当の母親なのか、という展開。
 3人それぞれの学校卒業後の遍歴が中心になるが、脚本の裁き方がいまひとつで、少々ダレる。結局は、3人の誰も母親だと白状しないまま、娘も諦めるという驚愕の展開になるが、最後の最後に本物の母親が一人で現れ、和解するところで終わる。
 TVムービーにしては着眼点も面白いし、場面展開が早いので退屈せずに観ることはできる。役者陣では、B・アームストロングが良かった。 

1988年8月12日 深夜放送にて鑑賞
監督 ウィリアム・ヘイル
ベス・アームストロング(田島令子)/ブルック・アダムス(吉田理保子)/フィービー・ケイツ(島本須美)/ハーバート・ロム(嶋俊介)/アンソニー・クエイル(安田隆)/アンジェラ・ランズベリー(京田尚子)/アリエル・ドンバール(高島雅羅)/富山敬、大塚芳忠

本編の抜粋↓
posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月15日

レース

 一見、捨てられた娘が実の母のルーツをさぐる人間ドラマと思いきや、実はハードな復讐ドラマ。3人の女学生が、3人の男と寝て、そのうちの一人が妊娠する。その赤ん坊は里子に出され、数々の苦難のために3人に復讐を誓うというストーリー。
 3人の(?)母親を演じるB・アームストロング、B・アダムス、A・ドンバールが、学生時代と中年時代をうまく演じ分けている。脇を固める俳優も、この手のTVものにしてはかなり豪華。
 娘が3人の母親を一堂に集めて、ついに本心を吐露するところで、『レース第2章』に続く。

1988年8月5日 深夜放送にて鑑賞
監督 ウィリアム・ヘイル
ベス・アームストロング(田島令子)/ブルック・アダムス(吉田理保子)/フィービー・ケイツ(島本須美)/ハーバート・ロム(嶋俊介)/アンソニー・クエイル(安田隆)/アンジェラ・ランズベリー(京田尚子)/アリエル・ドンバール(高島雅羅)/富山敬、大塚芳忠

本編の抜粋↓
posted by 足ランティー脳 at 08:14| Comment(2) | TrackBack(0) | ラ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月01日

リモートコントロール ビデオエイリアンの侵略

 レンタルビデオを利用して人々を殺人狂にし、地球を侵略しようとするエイリアンと、ビデオ屋の店員の死闘を描くSF。このショボいあらすじだけで、ダメージ95%。
 レンタルビデオ全盛期に着目して作られた作品だと察するが、描写がいまひとつで、シリアスなのかコメディなのか曖昧なのが困る。ストーリーも薄っぺらく、88分のランニングタイムが3時間に感じてしまう。全体的にチープで、もしかしてTVムービーなのだろうか。
 なぜかエイリアンの名前が日本人。これは製作陣のあてつけなのだろうか?

レンタルビデオにて鑑賞
監督 ジェフ・リーベルマン
ケヴィン・ディロン/デボラ・グッドリッチ

映像の抜粋↓
posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。