イタリア版HDマスター、TV吹替2種収録!特典4時間以上の決定版! 購入は→こちらから

2012年03月07日

SF/人喰いアメーバの恐怖NO.2

 スティーヴ・マックイーンの『絶対の危機』の続編。TVドラマ『ダラス』などで有名なラリー・ハグマンが監督・主演している。前作で南極に埋められた人喰いアメーバの容器をアメリカへ持ち帰ったため、溶けて自由になったアメーバが暴れまくるというストーリー。
 まず、南極に埋めたはずのアメーバが民間人の手に渡るという管理の杜撰さに失笑。が、本編は基本コメディとして作られているので、これは高度なボケ・ギャグとして好意的に解釈しよう(笑)。一風変わった人々のおかしな生活をバックに、アメーバが人を喰いまくる展開は味わいがある。
 一方で、顔だけ残して全身を包まれる黒人、散髪屋で排水口から溢れたアメーバに頭をつっこむヒッピー、洗濯物を干している黒人女性の足にからみつくアメーバなど、人喰いシーンのSFXはローテクながら気持ちの悪さは存分に出ている。ドラマ部分と人喰い描写のバランスの悪さが、逆にホラー感を盛り上げている。ラストのトボけたオチも気が利いていて、テレビで観るには満足できる一本。トボケたテーマ曲も良い。 

深夜放送にて鑑賞
監督 ラリー・ハグマン
ロバート・ウォーカー・Jr/キャロル・リンレー/ラリー・ハグマン(※メモに声優の記載なし)

放送時のダイジェスト(放送時間が余るため冒頭にくっつけられたもの)と、後半テーマ曲。このネコちゃんが最初のアメーバの犠牲者↓
posted by 足ランティー脳 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

地球は壊滅する

 人間の奢った開発により、地球が破滅の危機に瀕する姿を描いたSF。エネルギーをマグマに求めた人類は、核爆発によりマグマを地表に導くが、それによって地球に亀裂が生じ、このままでは真っ二つに割れることが判明。別の場所に穴を作って亀裂を止めようとすると、別の場所へと亀裂が走る…というストーリー。
 真っ向から空想科学を描いたストーリーは、古臭くもあるが格調と気品を備えている。危機また危機の展開もなかなか盛り上がる。最後は、地表の10分の1ほどが吹き飛び、なんとか地球全体の壊滅は逃れるが、第二の月が出来るというオチがつく。この爆破シーンは見もので、拍手したくなるほど凄い迫力だった。

1982年12月26日 テレビ朝日「日曜洋画劇場」にて鑑賞
監督 アンドリュー・マートン
ダナ・アンドリュース/ジャネット・スコット/キーロン・ムーア(※メモに声優の記載なし)

予告編↓
posted by 足ランティー脳 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

シャーロック・ホームズの冒険

 名匠ビリー・ワイルダーによるホームズもの。謎の美女から夫探しの依頼を受けたホームズが、ネス湖のネッシーがからむ国際的事件に巻き込まれるというストーリー。
 ホームズの推理よりも、彼の日常生活のほうに重点が置かれている作り。ネッシーが新開発の潜水艦だったという設定が面白い。兄のマイクロフトは、ホームズよりも数段頭脳が優れているという設定も興味深い(つまり、ホームズは出来の悪い弟という扱い)。
 前半は軽快なコメディタッチだが、後半急に辛気臭い展開になるのが残念。本作もホームズのコカイン中毒の解釈があり、惚れたドイツの女スパイの死の知らせを受けたことが原因とされていた。

深夜放送にて鑑賞
監督 ビリー・ワイルダー
ロバート・スティーヴンス/コリン・ブレイクリー/クリストファー・リー(※メモに声優の記載なし)

予告編↓
posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

バミューダの謎/魔の三角水域に棲む巨大モンスター!

 バミューダ・トライアングルの謎に巨大カメ伝説をからめたミステリー・ロマン。バミューダ海域のある島で、青年と謎の女性とのロマンスが繰り広げられるが、一方で巨大カメが船を襲ったりするというストーリー。
 全体のテンポが遅すぎて、ラストまで鑑賞するのに忍耐を必要とする。サスペンスも盛り上がらず、女性の正体も明らかにされないまま幕となるのも、不満が残る。巨大カメの出現シーンは迫力満点だが、活躍するシーンが少なくて残念。
 一番サスペンスが盛り上がるのは、巨大カメを仕留めようとした黒人が、銛につながったワイヤーが足にからまってしまい、主人公に足を切断するように依頼するシーン。これはかなりイヤ〜んな描写で、この作品で巨大カメよりも印象に残ってしまった。

1982年8月28日 CX「日曜洋画劇場」にて鑑賞
監督 トム・コタニ
コニー・セレッカ(市毛良枝)/リー・マクロスキー/カール・ウェザース
posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

TBS「水曜プレミアシネマ」あったらいいなラインナップ

 昨日に引き続き、「水曜プレミアシネマ」の話題。若い方がリアルタイムで視聴しながらネットで実況するのにうってつけ、かつ年配の方も思わず観てしまうと思われる作品を、勝手にチョイスしてみました。

『コマンドー』(屋良有作版)
放送されなくなった、シュワ=屋良版での放送。これはもともとTBS「月曜ロードショー」で制作されたバージョンだもんね。映画自体は毎回実況で盛り上がるので、違う声優キャストを突っ込んだり楽しんだり、ということろでしょうか。

『スーパー・マグナム』
言わずと知れたブロンソンの再極右映画の大傑作。ヒゲのおじいちゃんが、マグナム片手にストリート・ギャングを皆殺しにしまくる衝撃は、若い方にも強烈にアピールするはず。

『ドラゴン危機一発』
もちろん、藤岡弘、の吹き替え版で。最近露出の多い藤岡は、若い人々にも認知が高いはずなので、「昔はこんなこともやってました」で盛り上がりそう。

『死亡遊戯』
これはネタ作品ですな。鏡にブルース・リーの顔写真を貼って撮影された衝撃シーンや、似ていないスタント・ダブルの人々に突っ込みつつ、ラスト20分で燃えまくるという流れでしょうか。

『真夜中の処刑ゲーム』
これは2ちゃんねるでは伝説の作品。多くの人にトラウマを残したまま、23年も再放送されていない。日曜大工的に作られた殺人道具、狭いアパートに仕掛けられたトラップの数々は新鮮な驚きを与えるはず。手作りロケット・ランチャーと、ラストのどんでん返しもインパクトがあるでしょう。

ブルース・リー作品はブルーレイにも吹き替えが入らなかったので、吹き替えで放送すると視聴率は間違いなく稼げます。ジャッキー・チェンの初期作品も同様ですね。韓流スター作品よりも、意外に視聴率を稼ぐかもしれませんよ(笑)
posted by 足ランティー脳 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

TBS映画枠復活!「水曜プレミアシネマ」

 ネットでは既に話題になっていますが、TBSで18年ぶりに映画枠が復活するとのこと。苦戦する同時間帯の視聴率アップを狙うとのことですが、過去に「木曜洋画劇場」が視聴率に苦戦して退場したがあった点を考えると、どういった戦略で大逆転に挑むのか興味津々です(韓国映画が大量に放送されそう。それはそれで面白そうだけどね(笑))。
 洋画枠が定着するかどうかは、「放送枠」に「視聴習慣」をつけられるかどうかにかかっていると思います。結局、TBSの洋画枠も80年代に放送枠を移動した視聴率が低迷したわけです。「木曜洋画劇場」も水曜日に移動した結果、あんなことになってしまいました。「水曜プレミアシネマ」の当面の大命題は、視聴者の「習慣視聴」を確定できるかどうかでしょう。

 そこで、おせっかいにも「グラインドハウス&エクスプロイテーション流・視聴習慣定着作戦」を勝手に考えてみました。しかも、若い方と年配の方の両方を押さえようという無謀かつ大胆な策です。

 まず若い方向け。2ちゃんねるやTwitterなどでリアルタイムに書き込む「実況」というものがありますので、若い人向けにはこれを利用。Twitterは公式アカウントを設定し、フォロワーが作品毎に実況で盛り上がる環境を整えます。実況するためには放送を観なければならないので、視聴率がおのずとアップするというわけですな。但し、実況で盛り上がらないような作品だと意味がないので、「インパクトのある埋もれた傑作」がいいと思います。

 次に年配の方向け。ここの視聴者層は、テレビの洋画劇場をもともと観ている世代になるはず(劇場で映画を観てきた層は、カット&吹き替えの洋画劇場は観ない)。となれば、彼らを強烈に牽引するのは「原体験の再現=ノスタルジー」だと思われます。かつて子供の頃、テレビの洋画劇場で観た衝撃を、もう一度再確認したいという願いがあるはずです。そこで、「ブルーレイやDVDソフトに収録されていない吹き替え版による、往年の名作」がいいと思います。

 つまり、上記の「インパクトのある埋もれた傑作」と「ブルーレイやDVDソフトに収録されていない吹き替え版による、往年の名作」の両方を満たす作品が、視聴習慣を定着させ、なおかつ視聴率もアップさせる要因になるのでは、と勝手に思うわけであります(笑)。

 もちろん、ご年配の女性向けに韓流スターの映画作品ばかり流すというもの、楽かつ確実に視聴習慣を定着し、視聴率も上げられるとは思いますけどね(笑) いずれにしても4月の放送開始が楽しみです。
posted by 足ランティー脳 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月01日

アトランチスの謎

 ノーチラス号とネモ船長を現代にもってきて、その活躍を描くTVムービー。日本ほか数カ国では劇場公開された。アメリカ海軍が発見した潜水艦ノーチラス号に、冷凍睡眠状態のネモ船長が保存されていた。海軍は彼を蘇生させ、謎の大陸アトランティスを探すことになるというストーリー。
 ストーリーは大きく三つに分かれていて、オムニバス映画っぽくなっている。それがテンポを殺いでしまい、展開は早いのになぜか退屈させられる。SFとしては魅力的な設定が多いのだが、それらを裏付ける根拠が不足しているので、全体的に幼稚な作品に見えてしまう。子供向けの海底アドベンチャーに留まったようだ。豪華なキャストの顔ぶれを楽しむ作品。

1982年8月21日 CX「ゴールデン洋画劇場」にて鑑賞
監督 アレックス・マーチ
ホセ・ファーラー(若山弦蔵)/バージェス・メレディス(千葉耕市)/ホルスト・ブッフホルツ(※メモに声優の記載がないため、記憶による)

予告編↓
posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月29日

『シャーロック・ホームズの素敵な挑戦』DVD本日発売!

 『シャーロック・ホームズの素敵な挑戦』DVDが本日発売になりました! スリル、サスペンス、アクション、ロマンスと娯楽映画の要素がすべて詰まった傑作です。ホームズの宿敵モリアーティ教授についての驚愕の真実を、あなたは見破れるか!?

なお、本商品はallcinema SELECTIONのネット通販と、都内一部のアンテナショップのみで販売されます。amazonでは取り扱っていませんので、ご注意ください。

注文はこちらから→allcinema SELECTION

商品の詳細ページ→こちら

DVD用予告編↓
posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

避暑地の異常な夜

 フランス製の劇場未公開サスペンス。日本ではCX「ゴールデン洋画劇場」の「未公開傑作選」の一本としてお目見えした。旅行中に暴走族に襲われ、気がついたら妻が犯され殺される。復讐に燃える男は、暴走族を追い詰めて殺すが、真犯人はまったく別の人物だったというストーリー。
 演出はなかなかの冴えをみせるところもあるが、脚本はダメダメ。トランティニャンのキャラは少々やりすぎで共感がもてないし、ドヌーヴ演じる妻もオツムが弱い女性に見えてしまう。ショットガンで暴走族を殺してしまうクライマックスも、その後の真相によって、恐らく過剰防衛になってしまうのでは…というわけで、後味が必ずしも良くはない。殺人のときの被害者の声をテープに録音して楽しむ真犯人のキャラ設定は面白かったが、ラストでいきなり暴露されるので唐突なのが残念。

1982年7月10日 CX「ゴールデン洋画劇場」にて鑑賞
監督 ジェラール・ピレス
ジャン=ルイ・トランティニャン(西沢利明)/カトリーヌ・ドヌーヴ/クロード・ブラッスール

オープニング↓
posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

大統領を誘拐せよ

 未公開ながら「日曜洋画劇場」で放送されたサスペンス。南米のテロリストが、大統領を誘拐し、巨額の活動資金を得ようとする。
 米=加作品ということだが、どうもカナダ側が主導のようだ。米国映画にはあまり見られない残虐シーンが数々登場する。テロ組織のボスが極悪非道で、裏切った仲間はナイフで喉をスッパリやったり、手当たりしだい邪魔者を殺したりする描写が凄惨。なにせ、ホラー映画のダイジェスト集『テラー・オン・テープ』で、本作は非ホラーにもかかわらずエントリーされていたほど。
 いよいよ大統領が誘拐されてから後は、テロ組織のボスを先に倒すが、別の映画でもあった方法と同じで減点対象。その後の爆弾解除もモタつく。が、ボスが大暴れする前半は非常に面白い。

1982年3月28日 テレビ朝日「日曜洋画劇場」にて鑑賞
監督 ジョージ・メンデラック
ウィリアム・シャトナー/ハル・ホルブルック/ヴァン・ジョンソン/エヴァ・ガードナー(※メモに声優の記載なし)

映像の抜粋↓
posted by 足ランティー脳 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。