イタリア版HDマスター、TV吹替2種収録!特典4時間以上の決定版! 購入は→こちらから

2012年01月17日

007/オクトパシー

 『ユア・アイズ・オンリー』がドラマ部分が薄かったのを危惧したのか、『死ぬのは奴らだ』の頃に“半”原点回帰した一本。コミカルさも前作の二倍。ソ連の将軍と組んで、NATOで原爆を爆発させようとするインド王族に、美女盗賊団の協力を得てボンドが挑む。
 サーカス、女盗賊、ジャングルでのおいかけっこなど、どちらかといえば戦前のアクション映画の娯楽性を、現代に甦らせようとした意図が伺える。が、物語部分を重視したため、アクションがふんだんとまではゆかず、全体のテンポはいまひとつの印象。007ファンにとっては、現場にまで乗りだすQの大活躍は嬉しいところ。
 アクションは、アバンタイトルとラストのセスナ上の格闘以外、特に目立つものはない。列車の上で双子の殺し屋と対決するシーンは、『シャーロック・ホームズの素敵な挑戦』の車上チャンバラのほうが迫力があるし、敵の根城でのモブ・アクションも、女盗賊たちのアクションがモタついて、他の作品のクライマックスと比べると多少見劣りしてしまう。
 一番の問題は、オクトパシーをさらった悪党カーンがセスナで逃げると、ボンドがセスナの外に捕まってまで彼女を助けようとするラスト。ボンドはあくまで女王陛下の犬なので、一人の女性を助けるために命は張らないはず。ここは見逃して、第二ラウンドに持ち込んで勝利するのが本来のボンド。もしくは、ボンドも一緒に拉致されて、逃げるためにやむをえずアクションを起こす、というシナリオにすべきだったろう。
 吹き替えでは、M・アダムスの来宮良子が賛否両論あったが、女盗賊のカリスマ役には、このくらいドスが効いたほうがいいと思う。『演歌の花道』しか知らない人もいるだろうが、来宮といえば若い頃はもの凄い美声。『国際諜報局』のスー・ロイドの吹き替えを聞いてみ。他には、セスナにしがみつくボンドを始末しに行けとカーンに命じられ、「私が?」とうろたえて答えるK・ベディの西村知道の一言がツボ。

監督 ジョン・グレン
ロジャー・ムーア(広川太一郎)/モード・アダムス(来宮良子)/ルイ・ジュールダン(田口計)/クリスティナ・ウェイボーン(榊原良子)/カビール・ベディ(西村知道)/スティーヴン・バーコフ(坂口芳貞)/ウォルター・ゴテル(大宮悌二)/ロバート・ブラウン(石森達幸)/デスモンド・リュウェリン(丸山詠二)/ロイス・マクスウェル(好村俊子)

クライマックスの突入シーン↓
posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

007/ユア・アイズ・オンリー

 前作が荒唐無稽の極みに達してしまったので、またまた原点回帰。暗号解読器ATACを奪いソ連に売ろうとする富豪にボンドが挑む。
 ストーリーはオーソドックスなスパイものに戻り、悪役も世界征服などの野望は持たない。一見地味な作品のようだが、アクション・シーンはシリーズで一番。本編の半分以上はアクションという、かつてないボリュームかつ、過去のシリーズにあったアクションの応用進化形で構成されている。曲がりくねった小道でのカーチェイス、ボブスレーのコースをスキーVSバイクで疾走するシーンは、いつ観ても興奮する。クライマックスのロック・クライミングは、公開当時はまだ一般的ではなく、緊張感溢れる名シーン。全編とにかくテンポが良く、あっと言う間に終わってしまう。個人的にはシリーズ中で一番好きな作品。
 過去8作目以降は、すべての作品が初回は拡大枠で放送されているが、本作は初回から2時間枠。実は、初放送の前に何度か改編期に編成が組まれていたものの、放送はされてこなかったという経緯があり、拡大枠で放送予定だったものが何らかの理由で2時間枠にカットされたようだ。というのも、初回放送の「月曜ロードショー」の荻昌弘の解説では、本編でカットされたラストのサッチャーの登場シーンに触れていたからだ(これって放送事故だよね)。荻氏が解説の収録前に見た放送用本編は、拡大枠の正味2時間程度のものだったという証拠である。

監督 ジョン・グレン
ロジャー・ムーア(広川太一郎)/キャロル・ブーケ(戸田恵子)/トポル(小林清志)/リン=ホリー・ジョンソン(潘恵子)/ジュリアン・グローヴァー(穂積隆信)/ウォルター・ゴテル(中庸助)/加藤精三

予告編↓
posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

007/ムーンレイカー

 遂にボンドが宇宙に飛び出してしまったトンデモ巨編。スペースシャトルの消失事件を調査するボンドが、全人類を殺害しようとする富豪の陰謀につきあたる。
 脚本は前作に続きクリストファー・ウッドが担当しているが、タガがはずれたワルノリに閉口。ジョーズの再登場は嬉しいが、ボンド側に寝返ってしまう日和見脚本には疑問も残る。しかし、一番の問題はストーリーが面白くない点だろう。
 アクション・シーンは、冒頭のパラシュートなしの落下スカイ・アクション以外は、特に見るべきものは無し(このアクションは『イレイザー』や『シューテム・アップ』でパクられていた)。ホバー・クラフト化するゴンドラやハング・グライダー付きのボートも、前作のロータス・エスプリのような目だった活躍はせず。
 ただ、宇宙ステーションのデザインは目をみはるものがある。本作の直後にNASAが発表した宇宙ステーションのデザインが、ほぼ本作と同じだったのは驚愕した。つまり、007のスタッフが宇宙で存在可能なステーションのデザインを追求した結果、NASAに追いついてしまったというわけである。
 吹き替えでは、内海賢二が悪役キャラで再登場。知的な紳士のイメージが残るM・ロンズデールが、内海の声でワル度200%増しに。前作に引き続き小原乃梨子のボンド・ガールだが、今回は白人美女のL・チャイルズの声なのでしっくりくる。

監督 ルイス・ギルバート
ロジャー・ムーア(広川太一郎)/ロイス・チャイルズ(小原乃梨子)/ミシェル・ロンズデール(内海賢二)/コリンヌ・クレリー(宗形智子)/リチャード・キール(銀河万丈)/ウォルター・ゴテル(大木民夫)/バーナード・リー(今西正男)/ロイス・マクスウェル(花形恵子)/デズモンド・リューウェリン(田中康郎)

予告編↓
posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

007/私を愛したスパイ:リピート放送版

 007シリーズは、4月の改編期に拡大枠で放送し、その年の年末に2時間枠用にカットして放送するというパターンがあったが、80年代後半になってから、録音しなおすパターンが増えた。その頃に制作された一本。
 B・バックは弥永和子で、個性的な顔立ちのバックには、初回版の小原よりも弥永のほうがぴったり。C・ユルゲンスは大塚周夫で、堂々としたワルっぷりとねちっこい嫌らしさが同居し、これはこれでアリ。

監督 ルイス・ギルバート
ロジャー・ムーア(広川太一郎)/バーバラ・バック(弥永和子)/クルト・ユルゲンス(大塚周夫)/ウォルター・ゴテル(加藤精三)/バーナード・リー(石森達幸)/ロイス・マクスウェル(竹口安芸子)/デズモンド・リューウェリン(丸山詠二)

ロータス・エスプリの模型写真↓
posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

007/私を愛したスパイ:初回放送版

 前作『黄金銃を持つ男』がジリ貧になり、遂に007シリーズも打ち止めかと世間に思われた頃、奇跡の大逆転となった1本。当時の配給収入が32億、動員数と当時の映画料を考慮して現在の興行収入に換算すると興収で80億になる。英ソの原子力潜水艦の消失事件を調べるボンドが、海運王ストロンバーグの悪魔の計略に突き当たり、その野望をくじくというストーリー。
 脚本に小説家出身のクリストファー・ウッドを起用し、壮大な大風呂敷を広げることに成功。前作までのマンキウィッツが007をでくの坊的に描いていたに比べ、本作のボンドは頭脳明晰、危機に瀕しても機転を利かせて難を逃れ、バカなドジも踏まず、冷酷さも持ち合わせるという、理想のボンド像となっている。当然、共同脚本のR・メイボームの力も大きいとは思うが、コネリー時代の初期ボンドに近く安心して観ていられる。
 水中を潜るロータス・エスプリが公開当時話題をさらい、秘密兵器が目立った一本のような印象だが、実はボンドのガジットはほとんどこれだけ。ロータス・エスプリもすぐに壊れて退場する。実際は、本編の9割はボンドが自分の身と拳銃一丁で事件と格闘している作品である。
 クライマックスとなるリパルス号のセットは、『二度死ぬ』の火口の秘密基地に匹敵うる巨大空間。ストロンバーグの私設兵隊と、英ソ海軍軍人たちが大激闘するモブ・アクションは、シリーズ最大規模。ラストで全弾をストロンバーグに撃ち込むボンドは、『ドクター・ノオ』のデント教授射殺シーンへのオマージュか。
 吹き替え版では、抑えた口調で得体の知れなさを表現した鈴木瑞穂のK・ユルゲンスが良い。『ゴッド・ファーザー』のM・ブランドを完璧に吹き替えた鈴木の職人技が、本作でも堪能できる。B・バックの小原乃梨子は、ちょっとキャラに合わない印象も。彼女の声はジェーン・フォンダのイメージがあるので、ブロンド白人美女のほうが合っている。

監督 ルイス・ギルバート
ロジャー・ムーア(広川太一郎)/バーバラ・バック(小原乃梨子)/クルト・ユルゲンス(鈴木瑞穂)/キャロライン・マンロー(高島雅羅)/ウォルター・ゴテル(大木民夫)/バーナード・リー(今西正男)/ロイス・マクスウェル(花形恵子)/デズモンド・リューウェリン(田中康郎)

ロータス・エスプリのカーチェイス↓
posted by 足ランティー脳 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月12日

007/黄金銃を持つ男

 イアン・フレミングの最後の007原作の映画化。世界一と謳われる殺し屋スカラマンガとボンドの対決を、新開発のエネルギー発生装置の争奪戦を折り込みながら描く。
 前作に続き、脚本のメインライターはトム・マンキウィッツ。彼は『探偵/スルース』などの名匠ジョセフ・L・マンキウィッツの息子だが、緻密な演出家の父親とは異なり、おおざっぱな三文アクションの風呂敷を広げている。シリーズの脚本を多く手がけてきた共同脚本のリチャード・メイボームが、軌道修正するのに苦労する姿が目に浮かぶ。結果、シリーズ中で最もドタバタ・ギャグが繰り広げられる、コメディと紙一重の作品になってしまった。
 良い点といえば、任務のためなら女性に対しても非道になり、敵を倒すためなら姑息な手段を堂々と使うボンド像、ボンドよりも自信と余裕に満ちた殺し屋スカラマンガ、ボンドに引退しろといわんばかりに、暴言を浴びせまくるMくらい。クライマックスの秘密基地も、勤務員が黒人オペレーターひとりなので、せっかくの豪華なセットが殺風景このうえない。大爆発しても、右往左往する作業員がゼロなので盛り上がらない。肝心の「黄金銃」も、チラシや宣伝で煽っていた割には、本編で十分に活躍しない。
 アクションの見せ場も地味。360度ひねり回転しながら川を飛び越えるカー・アクション自体は凄いが、これをボンドがやっちゃダメでしょう。ボンドはムチャはするが、「無理」はしない。失敗したら確実に死ぬ行為は、任務遂行に支障をきたすので、第二ラウンドに持ち込むのがボンドのはず。007理解度が低いマンキウィッツの脚本がダメなのだ。
 テレビ吹き替えは、C・リーをFIXの千葉耕市が担当しているのが、なんといっても高得点。ドラキュラ伯爵がボンドを追い詰めている雰囲気も味わえる(笑)

監督 ガイ・ハミルトン
ロジャー・ムーア(広川太一郎)/クリストファー・リー(千葉耕市)/ブリット・エクランド(滝沢久美子)/モード・アダムス(吉田理保子)/リチャード・ルー(藤本譲)/スーン=テック・オー(小島敏彦)/エルヴェ・ヴィルシェーズ(辻村真人)/クリフトン・ジェームズ(滝口順平)/バーナード・リー(今西正男)/ロイス・マクスウェル(花形恵子)/デズモンド・リューウェリン(田中康郎)

予告編↓
posted by 足ランティー脳 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月11日

007/死ぬのは奴らだ:リピート放送版

 『ダイヤモンドは永遠に』『私を愛したスパイ』同様、本作も初回放送からしばらく経って、ニューマスターに変わった際に吹き替えが新録されている。興味深いのは、メインどころの声優は初回版を踏襲している点。せりふが微妙に変わっているので、もう一度集まって収録し直しているのは間違いない。声優の配役で敢えて冒険を避けたのはなぜか、理由は知りたいところ。
 J・シーモアの玉川紗己子は、初回の岡本茉莉よりも、あどけない印象。B・リーの石森達幸は、恐らく放送時期の近かった『オクトパシー』のロバート・ブラウンを担当していたので、本作の新録に際して意図的に合わせたのだろう。

監督 ガイ・ハミルトン
ロジャー・ムーア(広川太一郎)/ヤフェット・コットー(内海賢二)/ジェーン・シーモア(玉川紗己子)/クリフトン・ジェームズ(滝口順平)/ジュリアス・W・ハリス(田中康郎)/ジェフリー・ホールダー(銀河万丈)/デヴィッド・ヘディソン(徳丸完)/バーナード・リー(石森達幸)/ロイス・マクスウェル(竹口安芸子)/玄田哲章

ワニのシーンの超危険なメイキング↓
posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

007/死ぬのは奴らだ:初回放送版

 再登板したコネリーとの契約は『ダイヤモンドは永遠に』1本だけだったため、再び新ボンドが選出。過去候補にのぼっていたR・ムーアが、TVシリーズ『ダンディ2/華麗な冒険』の打ち切りより解放され、ようやくボンド役として登板。
 本作は、黒人版『ドクター・ノオ』ともいえ、原点回帰を目指した一本。殉死したクォーレルの息子がボンドを助ける役で登場していることからも、その辺りの意図が伺える。内容はシリーズ中でもかなり異色で、ブードゥー教やタロット占いなど、超自然的要素がからみ、その分ボンドも分が悪い。一番のポイントは、神出鬼没のミスター・ビッグの手下たち。ほとんどハーレム全土に分散し、ことあるごとにボンドを窮地に陥れる。映画のトーン自体は明るいが、各要素はかなり不気味でホラー感すら漂う。
 アクションはコミカルなものが多く、セスナ機で悪党軍団の車を蹴散らしたり、ワニ園に閉じ込められたボンドが「因幡の白兎」の要領で脱出するなど、地味ながら面白い。前作『ダイヤモンド』と同じく、ラスボスが死んだ後で、手下との一勝負があるが、本作はさらにブラックなラスト・シーンが追加されているのがミソ。
 吹き替えでは、この後007の悪役声の常連となる内海賢二がY・コットーを担当。J・シーモアを担当する岡本茉莉も、過剰になりすぎないセクシーさで素晴らしい。本作はQが登場しないが、いつもQを担当している田中康郎が、持ち前の悪役声を生かして、義手の殺し屋を担当しているのが面白い。

監督 ガイ・ハミルトン
ロジャー・ムーア(広川太一郎)/ヤフェット・コットー(内海賢二)/ジェーン・シーモア(岡本茉莉)/クリフトン・ジェームズ(滝口順平)/ジュリアス・W・ハリス(田中康郎)/ジェフリー・ホールダー(蟹江栄司)/デヴィッド・ヘディソン(伊武雅刀)/バーナード・リー(今西正男)/ロイス・マクスウェル(花形恵子)/高島雅羅、玄田哲章、千葉繁、横尾まり
posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

007/ダイヤモンドは永遠に:若山弦蔵版

 若山版と書いてはみたが、こちらが最初に制作されたテレビ吹き替えである。
 内海版は、過去の記事にて掲載→こちら
 内容については、上記の過去記事にて触れているので、吹き替えについてのみ言及する。ブロフェルド=C・グレイの内田稔は、落ち着いた声で余裕綽々の悪役を演じていて、内海版の小林修にあった軽さは無い。面白いのは、初代コネリー=ボンドを担当していた日高晤郎が、富豪ホワイトの役で出演している点。ボンド声優の共演が楽しめる。

監督 ガイ・ハミルトン
ショーン・コネリー(若山弦蔵)/ジル・セント・ジョン(武藤礼子)/チャールズ・グレイ(内田稔)/ジミー・ディーン(日高晤郎)/バーナード・リー(今西正男)/ロイス・マクスウェル(花形恵子)/デズモンド・リューウェリン(田中康郎)

タイトル・テーマ↓
posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月08日

女王陛下の007

 ショーン・コネリーの降板により、モデル出身のG・レーゼンビーが新ボンドに抜擢。だがスタッフとのトラブルなどにより、これ1本で終わってしまった。本作以前のシリーズと比べて興行成績もぱっとせず、シリーズでもいわくつきの作品。
 マイナス要素が結果に出てしまっているが、作品の完成度は高い。おそらく、シリーズ中で最も原作に忠実な作品でもある。P・ハントによる切れ味の鋭いアクション・シーンの数々は、映画史に残るハイレベルなものばかり。特に、クライマックスでのボブスレー上の格闘は、かなり危険で、よく死人が出なかったと思うほど。
 自ら陣頭指揮を取るブロフェルドや、ボンドを積極的に助ける“脱・お人形さん”的ボンド・ガールなど、大衆娯楽化しすぎたシリーズを、本来のスパイ・アクションに軌道修正しようと新しい試みが、ふんだんに盛り込まれている。
 が、ラストに新妻を亡くしたボンドの涙で終わるのは、原作通りとはいえ、007映画のファンにとっては当時はかなりショッキングだったと思う。007を観終わって暗い気持ちにはなりたくない、という心理はよく分かるし、それが当時ヒットしなかった原因のひとつでもあっただろう。しかし、ラスト・シーンさえ心の準備をしておけば、シリーズ屈指の傑作を存分に楽しむことは可能。
 吹き替えでは、広川ボンドが初登場。演技力がいまひとつのレーゼンビーを補って余りある声の名演。ダミ声のD・リグも田島令子の美声に、野太い粗野な声のT・サバラスも森山周一郎の冷徹な渋い声に変わり、作品の質まで大変化。これだから吹き替えは止められない。

監督 ピーター・ハント
ジョージ・レーゼンビー(広川太一郎)/ダイアナ・リグ(田島令子)/テリー・サヴァラス(森山周一郎)/ガブリエル・フェルゼッティ(木村幌)/イルゼ・ステパット(沼波輝枝)/バーナード・リー(今西正男)/ロイス・マクスウェル(花形恵子)/デズモンド・リューウェリン(田中康郎)

タイトルバック↓
posted by 足ランティー脳 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。